読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITTY-BITTY 降臨

どうも、堀家です。

 

 

お待たせしました、ITTY-BITTY。

 

抜群といぶし銀と、欲しい所を渡り歩く、

 

まさに、他には無いブランド。

 

降臨です。

 

 

まずは、マックギャバのブルゾン。

f:id:hynm_horike:20160927210937j:plain

f:id:hynm_horike:20160927213039j:plain

f:id:hynm_horike:20160927213059j:plain

 

上質なウールに強い撚りを加え、通常を超える高密度に織ったブルゾン。

 

 

ボンディングのようなハリと弾力。

 

後加工ではないので、風合いも劣化もしない。

 

もちろんシルエットもバツグン。やばいっす。

f:id:hynm_horike:20160927210914j:plain

同素材のシャツ。

f:id:hynm_horike:20160927213122j:plain

f:id:hynm_horike:20160927213137j:plain

 

これも洒落てるのに、男らしく、かっこよし。

 

こちらもITTY-BITTYといえば、なシャツ。

f:id:hynm_horike:20160927211048j:plain

 

ストレッチの効いたスウェット類。

 

f:id:hynm_horike:20160927210743j:plain

f:id:hynm_horike:20160927210806j:plain

f:id:hynm_horike:20160927210823j:plain

とにかく存在感と着る人によって、表情がこんなに変わるブランドって他にないと思う。

 

 

是非、一度着てみて下さい。

 

宜しくお願いします。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

新STABILIZER GNZ

どうも、堀家です。

 

 

親や先生や上司に言われた通りに何かをする子供とは違う。俺は大人だから。

 

 

今も、これからも頑張る人たち。

 

 

絶対に自分を信じて頑張っていきましょう。

 

 

何度倒れても立ちあがる。挑戦する。

 

それは、敗北じゃない。

 

 

 

真の失敗、敗北は

 

 

何もしない事。

 

 

 

 

小賢しいのは、凌駕する。

 

 

 

宜しくどうぞ。

 

 

今日のご紹介は、STABILIZER GNZ。

 

嫌、新STABILIZER GNZ。

 

 

f:id:hynm_horike:20160923213602j:plain

 

パッチ、バックポケットのデザインも一新。

 

もちろん、シルエットは調整に調整を重ね、

ミリ単位の修正を施しながらも屈強な部分は変わらず、アップデートされた、まさに最強のデニムとして再スタート。

 

 

今までは、インディゴとブラックの2色だったんだけど、今回からは、インディゴのみ、ブラックのみ。みたいにカタチに対して1色のストレート勝負。

 

 

 

まずは、最高な仕上がりの、0-09。

 

セルヴィッチ付きのワイドストレート。

 

f:id:hynm_horike:20160923213218j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160923213232j:plain

 

完璧。

 

自分は、これにします。

 

 

 

そして、前回も大好評だった、0-28。タイトテーパードのセルヴィッチと、シューカットの0-04も入荷。

 

 

これはまた次回ご紹介します。

 

 

 

丸みのある、大きなシルエットになったGジャン。

 

f:id:hynm_horike:20160923213411j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160923213423j:plain

 

 

ざざっと、紹介させて頂きました。

 

 

 

 

 

新たなブランドの生き様、感じてもらいたいです。

 

昔、矢實さんに、自分で子供っていうのは逃げだし、罪だよ。って怒られた経験あり。

 

だから、大人なんです。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

新ブランド Wheelers V

どうも、堀家です。

 

 

今日は新ブランド、Wheelers V(ウィーラーズ ブイ)

 

 

NYブランド。

 

f:id:hynm_horike:20160919202739j:plain

 

2014年にスタートした、まだ新しいブランドで、

 

シンプルでモダンで、ブランドテーマが、

 

日常に欠かせないアイテム。との事。

 

 

2月にNYで彼らの服を見て、話を聞いて思ったのは、非常に合理的と思った。

 

 

ワードとして、1つの物差しとして、付加価値としての、Made in USA。

 

 

その流れが、もう少し細分化されてきた。

 

 

 

コットン100%で、馴染んで、縮んで、育てていくのもあれば、

 

 

 

このWheelers Vは化繊で、縮まない、型崩れしない、すぐ乾く。など、

 

 

合理的で、アーバンなファブリック。

 

 

そこがまた、NYっぽくて、アメリカンな感じで、イイなと思った。

 

 

以前やっていたSMITH&SMITHも、その感が強いし、

 

WILLYやfanmail、DDUGOFFなど、インディペンデントな筆頭って感じる。

 

 

やっぱり、アメリカって面白いって感じれる、イケてるブランドだと思います。

 

 

f:id:hynm_horike:20160919202820j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20160919203928j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20160919202845j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20160919204004j:plain

 

 

ジップもオリジナルで、このパーツや色合いも好き。

 

 

f:id:hynm_horike:20160919203851j:plain

 

 

とにかく要注目なブランド。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

是非店頭で

失礼します。

堀江 C.E ポップアップ

どうも、堀家です。



夢に向かうことを恐れるな。スターになることに躊躇するな。



それだけの可能性、才能に満ち溢れている。



ただ、仲間やお客さん、オーディエンスに対する、自己犠牲の精神。



それも、同じくらい、忘れちゃいけない。



何万時間、何千日、何百週、明日、今日。



積み重ねる時間は、必ず、自分に



チカラとなって、返ってくる。



そこを信じて続ける。それが覚悟。



と、いう事で、WISMの堀江に来ています。



明日から、C.Eのポップアップです。


f:id:hynm_horike:20160915223640j:plain


f:id:hynm_horike:20160915223913j:plain


全員で準備中。



是非店頭で。

失礼します。



fanmail

どうも、堀家です。

 

まずは、ファッション ナイト アウト。 

 

沢山のご来店、ありがとうございます。

 

凄まじいとは、正にこの事。 

 

サイズ欠けもありますが、引き続き、 

 

宜しくお願いします。

 

 

紛れもなく新たな風を吹かせた、COMOLI×VANS。

 

 

その風の持ち主、

 

それが、COMOLIなのか、VANSなのか、

 

はたまたWISMなのか。

 

 

そんな事はどうでもいい。

 

 

俺らが楽しめた。お客さんが喜んでくれた。

 

渦になり、うねりになって、 

 

この大歓声。

 

地場をひっくり返してみせる。

 

 

期待してんだ。されてんだ。

 

 

群集心理の中、何かを期待してるから、こうなった。

 

そんなんはね、足並み揃えて。とか、

 

データベースで。とか、スパートなんとか、

  

そんなんじゃ、測れない。 

 

心と、言葉の対話しかないのさ。

 

 

WISM渋谷、堀江のスタッフの言葉。

 

最強サポートメンバーの言葉。

 

とんでもない、パワー。

 

チームとしての理想型。

 

 

その後の、

 

小森さん、張替ベイベー、いっさんとの飯は、何事にも変えられない、有意義な話だった。

 

季節巡って、またしても、WISMへの大歓声だ。

  

追いかけないよ。それは二番煎じだから。 

  

 

やりたいようにやる。なりたい自分になる。 

 

夢を語らなくなったら、主役には、中心にはなれない。

 

目標じゃなく、使命。

  

 

宜しくどうぞ。

 

 

今日はfanmail。 

f:id:hynm_horike:20160913205709j:plain

 

先日ご紹介したDDUGOFF同様、自分の中でのNYブランドの核の一つ。 

 

相変わらずのたたずまいと、仕上がりに、 

 

NY版、COMOLIって思ってます。

 

 さっと、商品のご紹介。

 

f:id:hynm_horike:20160913205743j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160913205804j:plain

サーマルに、

f:id:hynm_horike:20160913205839j:plain

f:id:hynm_horike:20160913205901j:plain

f:id:hynm_horike:20160913205932j:plain

黒は表、カーキとキャメルは裏で取っているライトめのスウェット。

 

そして、

f:id:hynm_horike:20160913212659j:plain

ジャケット。

 

 

完ぺきですね。

 

 

是非店頭で。

失礼します。

 

 

 

 

今、昔、COMOLI×VANS

どうも、堀家です。

 

 

日に日に問合せが多くなってきているCOMOLI×VANS。

 

f:id:hynm_horike:20160908142214j:plain

f:id:hynm_horike:20160908142339j:plain

f:id:hynm_horike:20160908142230j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160908142243j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160908142302j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160908142319j:plain

 

意外な組み合わせだし、やってるモデル、

 

マウンテン エディションってのも意外。

 

 

小森さんが思い描く、昔からの強さ。 

そんなふうに感じています。

 

 

現役で、流れを造っているデザイナーでありながら、

 

今のデザイナー達が持っていないモノ。

 

 

それを持っているのが、この人なんだろう。

 

 

 

今の服って、凄い。

 

昔の服って、強い。

 

 

今って本当に凄い人や凄いブランドが沢山あるんだけど、

 

COMOLIは、強い。って思ってる。

 

 

 

 

今を代表する、技術、テクニック、オリジナリティを駆使した、上手い服。

 

 

 

昔の代表は、想い、気持ち、スタイルを反映した、力強い服。

 

 

今も大好きだけど、昔も大好きだ。

 

 

 

常に成長しているブランドを尊敬する。

 

人を魅了し続けるブランドを尊敬する。

 

 

 

 

だから、尊敬する。

 

自分の理念を、服に反映させ続ける、

 

小森さんを、COMOLIを。

 

 

 

 

要は、

 

履かない理由が見当たらないって事。

 

 

f:id:hynm_horike:20160908142430j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160908142449j:plain

 

 

長くなったが、あなたの目で、あなたの足で、感じてもらいたいスニーカーです。

 

 

発売は9/10。渋谷のスタッフも堀江のスタッフも、

 

いっさんも、自分も、

 

熊も、中さんも、

 

 

 

滾り、漲り、全力で、お待ちしてます。

 

 

その日は、夜10:00まで営業。

 

宜しくお願い致します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

トランキーロとDDUGOFF

どうも、堀家です。

 

 

 

ゆとりがない。とは、正に今の感じ。

 

 

そして、目まぐるしく、色々な人に会ってます。

 

 

追いついてない事も、山ほどある。

 

 

が、

 

 

皆様、

 

 

 

 

トランキーロ。

 

 

あっせんなよ。

 

 

色々あるから、まだよく分かってないんだけ。

 

 

少し待って。

 

 

 

 

ここから、徐々にあげてくから。

 

 

俺らのデスティーノ(運命)は、

 

 

 

動き出したばかり。

 

 

ここから、沢山の事が動き出して、

 

 

大きな波に、うねりに変わっていくのさ。

 

 

必ず、また交わる時がくるし、

 

 

それまでに、

 

 

ネクストに持っていくのが、俺の役目。

 

 

 

トランキーロ。

 

 

さて、今日は、DDUGOFF。

 

 

このまさに、インポートブランドって感じが本当に良い。

 

 

Made in USA.Made in NYC. Made in BROOKLYN。

 

 

とにかく、発色が素晴らしいニット。

 

見たときはしびれた。

 

f:id:hynm_horike:20160906173044j:plain

 

イエローがかったこの発色は、他にはない。

写真ではなく、実物見てもらいたいです。

 

f:id:hynm_horike:20160906173150j:plain

 

色違い。

 

 

 

ルーズな太うねなコーデュロイのラインパンツ。

 

 

f:id:hynm_horike:20160906173240j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160906173259j:plain

 

これはブルゾン。

 

合せて着ると、

 

f:id:hynm_horike:20160906173359j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160906173448j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160906173426j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20160906173804j:plain

 

こっちはナイロン。

 

f:id:hynm_horike:20160906173829j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160906173846j:plain

 

 

めちゃくちゃイケてるので、是非。

 

 

 

是非店頭で。

失礼します。