BESTなシューズ BLOHM

どうも、堀家です。

 

 

最初に、doublet zoo。

沢山のご来店、本当にありがとうございます。

 

 

本当に予想以上の反響で、

 

バタバタしてしまい、至らない箇所もあったと思いますが、

 

それ以上に、喜んでもらえてる、皆さんの表情が、嬉しかったです。

 

スタッフを代表して、改めて、ありがとうございます。

 

 

そんな中に、心から楽しみにしていたモノが入荷しました。

 

 

BLOHM。

 

f:id:hynm_horike:20180918205152j:plain

 

 

既にご存知の方も多いと思います。

 

ここ、2年くらい、自分達の足元を固めてもらうブランド。シューズをずっと探していて、

 

存在はもちろん知っていたんだけど、なかなかタイミングが合わず。だった。

 

個人的にも欲しかったんだけど、29.5cmの俺の足サイズを仕入れているお店も無く。

 

 

 

そんな時にdoubletのPRをしている人が、BLOHMもPRをしている。て事だったので、

 

間に入ってもらい、展示会へ。

 

 

そこには、自分が求めていた、シューズ達が、並んでいて、

 

ゲキ上がり。

 

仕入れよりも、まずは自分のサイズ。笑

 

作ってるのは29cmまで。サンプルがあるのは、28.5cmまで。

 

 

デザイナーさんも気さくな人で、

 

「ウチの靴、サイズ大きいから28.5cmでも、いけるんじゃない?よかったら履いてみてよ」

 

28.5cmを履いてみる。

 

 

うーん。ちょっとキツい。。。

 

が、いける。靴だし、馴染むだろ。

 

 

履いてる状態で、デザイナーさんに触ってもらい、一言。

 

「29cmだね。デカイね。」

 

 

ありがとうございます。

 

 

まだかまだかと、やっと入荷。

 

 

BLOHMの冬の定番、HOMIES RAT。

 

f:id:hynm_horike:20180918205304j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180918205324j:plain

 

コーデュロイを使用した、ローファー?になるのかな。

 

 

内側はピックレザーで、馴染みやすい。

 

f:id:hynm_horike:20180918205411j:plain

ソールはビブラムで、丈夫。

 

コーデュロイで、ルームシューズ風。

 

でも、ビブラムで、裏づけされたクオリティ。

 

黒、

 

ネイビー、

 

バーガンディ。

 

f:id:hynm_horike:20180918205438j:plain

 

BLOHMでしか、作れないし、BLOHMじゃなきゃいけない。

 

 

だから、どうしても、WISMには必要だった。

 

 

早くも顔が分かるお客さんには、ご紹介させてもらって、喜んでもらってます。

 

 

履こう。皆んなで。

 

そこに合わせれる、イカしたソックス達も、同時に入荷。

 

 

自分達が、心底、履きたい!て、思っているアイテム。

 

 

これを履いて、冬も楽しく過ごしましょう。

 

 

blog.baycrews.co.jp

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

 

doublet zoo 開演

どうも、堀家です。

 

 

今年もやります。FNO。

 

ファッション ナイト アウト。

 

 

去年はBRAIN DEADのNO MORE DREAMだったから、あれからもう1年。

 

色々あったすね。あんな事やこんな事。

 

 

良かった、悪かった、甘酸っぱかった、怒られた。など。

 

 

 

言い方変だけど、過去の自分を超える。

 

おんなじ人間が、おんなじ頭で過去の自分を超える。

 

 

そりゃ、過ごしてきた時間を無駄にしないことな気がする。

 

 

この一年、自分なりに、どう感じ、行動し、

 

迷ったり、間違えたり、決断する事を、やってきた1年だった気がする。

 

 

 

その証じゃないけども、今の自分が出来る、最大限のモノ、楽しみをセット出来たと思ってる。

 

 

 

 

それが、doublet zoo。ダブレット動物園。

 

 

f:id:hynm_horike:20180914153518j:plain

 

 

正直、立ち上がりのPOP UPの、before / afterよりも、動物園のほうが、ずっと前から考えていた。

 

 

後は、自分が、どこまでアクセル踏めるか?フルスイング出来るか?だけだった気がする。

 

 

こういう時、黙って意見を尊重してくれる、井野さんに本当に感謝してる。

 

 

前置き長いね。失礼しました。

 

f:id:hynm_horike:20180914153618j:plain

 

 

今回は、ファー。

 

 

着物職人がエアブラシとハンドペイントで、1点づつ仕上げてて、

 

単なるプリントだとベタッとして終わりなんだけど、

 

手作業なだけに、丁寧で、根元までやっているから、着た時、動いた時でもプリントがズレたりしない。頭が下がりますなアイテム。

 

 

 

去年のファーも、反響凄かったが、今回は既に問い合わせ殺到。

 

 

そこに、WISM別注カラーと動物。

 

 

まずは、

 

 

f:id:hynm_horike:20180914153641j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180914153702j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180914153723j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180914153734j:plain

 

パンダ。

 

 

これは、井野さんとのラインのやり取りが、

 

ほとんど楽天のパンダのスタンプだから。

 

 

すぐ一致。

 

ただ、楽天の感じは一切なく、力強い感じに。

 

 

 

次は最初はキリンと考えたんだけど、

この美しいファーの色をどうしても使いたくて、

 

 

ぎんぎつね、アライグマ、あえて猫。もしくは、この色で顔だけキリンとかも、案としてあった。

 

 

ただ、降りてきました。神が。笑

 

f:id:hynm_horike:20180914153756j:plain

 

それが、フクロウ。

 

 

調べると、フクロウには、幸福を呼ぶ。言い伝えもあり、

 

一番の決め手は、猛禽類だってこと。

 

 

鷹とか鷲とかと変わらず、実は結構などう猛な性格で、

 

 

太古からサバイブしてきた鳥類。

 

f:id:hynm_horike:20180914153821j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180914153833j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180914153846j:plain

 

ゴージャス!君のハートにレボリューション!!!て事で。

 

 

 f:id:hynm_horike:20180914154235j:plain

 

 

柄が決まってからは、井野さん大忙し。

 

 

何回、やり直しただろうか。

 

 

そして、仕上がりは完璧。

 

 

滾る。唸る。響かせる。

 

 

そんなdoubletとWISMの、今やれる事を、思いっきりやりきったアイテムになった。

 

 

f:id:hynm_horike:20180914154004j:plain

 

インラインはヒョウと、

 

 

 

f:id:hynm_horike:20180914154019j:plain

 

 

ハスキー。

 

 

 

f:id:hynm_horike:20180914154037j:plain

 

前回作製した動画の後半の告知。

 

www.instagram.com

 

実はこの4種類の動物を使っていた。

 

 

皆さんが好きな動物なのか、ファーの色なのか、楽しんで決めてもらいたいし、

 

そこを楽しみながら手助けするのが、WISMの仕事。と、思ってます。

 

9/15のオープンから。渋谷、新宿、堀江。一斉発売。おそらく早目に無くなってしまいそうなので、我こそは。の人は、早目に来てもらいたいです。

 

 

 

 

そして、皆さまにお願いがあります。

 

今回のファーの問い合わせ、本当に沢山頂いていて、嬉しく思ってます。スタッフも感謝しています。

 

 

 

 

なので、申し訳ないのですが、いくつか制限をさせてください。

 

 

お取り置きは出来ません。

 

お一人様、1点のみ。

 

通販希望の方は、17日のオープンから承ります。その際に在庫の準備があれば、ご対応します。在庫がなければご了承ください。

 

 

 

これだけネットやECが繁栄しているなか、古臭いかもしれませんが、WISMは店頭が花形であり、命であり、また来たい、あの店で買いたい。て、感じてもらえることを大切にしています。

 

 

ちゃんと袖を通してもらって、スタッフと相談しながら。俺たちもお客さんと一緒に楽しみたい。

 

話題とか、今とか。そういうインスタント的なものではなくて、

 

 

ちゃんとWISMやdoubletのファンになってもらいたい。だから、お店に来てもらう。

その最良の選択と思ってます。

 

 

仕事や地方の方々もいらっしゃると思います。お店に来れない方も。

 

そこに行き届いてはいないかもしれませんが、何卒宜しくお願い致します。

 

 

9/15のFNOは渋谷店は夜10:00まで。夕方からはビール出します。

その頃には井野園長も来るかも。

 

 

夜にはスタッフも呑んでると思います。

 

 

店のレイアウトも動物園。

 

 

興味のある人も無い人も、観に来て頂けたら嬉しいです。

 

 

やっぱ、洋服を着ることは、楽しい。

 

ウネリから、旋風。

次は現象に向かう。

 

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

今年の夏、クリスタル会員

どうも、堀家です。

 
 
 
今年の夏。  
 
 
毎年だけど、いつも以上に仕事。
 
 
海とか、花火とか。
 
 
夏だけじゃないすかね?
 
今年の夏は何もしなかった。とか。
 
 
今年の春は。とか、秋は何もしなかったなー。とかあまり思わない気がする。
 
 
 
 
 
ただ、年3回の海外出張をほぼ3年繰り返し、
 
ようやくJALのクリスタル会員に昇格。
 
 
 
いつもはコンビニで飯食ってスタバ(羽田)
 
いつもはお茶漬け食ってスタバ(成田)
 
だったが、ラウンジが使用可能に。
 
 
小さい事なんだが、このラウンジがなかなかいい。
 
何度か入った事あるんだけど、
 
 
有名なのは、ビーフカレー。かなり美味い。
 
しかも、ネギが入ってない。
 
ビールも飲み放題。
 
 
空港内て、食べ物も飲み物も高いから、
 
ここで、呑み食い出来るのは、ラキー。
 
 
ま、どんなに睡眠不足でも、酔っ払ってても、
 
離陸のタイミングで、ばっちり目が覚めてしまうんだけどね。
 
 
以上、夏の喜びでした。
 
 
そんな夏にJALに乗っていったNY。
 
 
 
そこで出会ったニューカマー。
 

f:id:hynm_horike:20180911134159j:plain

 

Chrstie New York。

 

f:id:hynm_horike:20180911134321j:plain

 
たるっとしたサイズ感もいいし、NYなのにポルトガル産なのも面白い。
 
 

ぱっと会って、自分は全然知らなかったんだけど、

 

有名なスケーターとフォトグラファーのコンビらしい。

 

 

 

有名とかよりも、スケーターの方が、指輪を人差し指、中指、薬指、小指にしていて、

 

グッと握手した時に、すげー痛かった。

 

 

f:id:hynm_horike:20180911134431j:plain

 

ブランド自体は10年くらいやっているらしく(全然知らなかった)

 

それのハイコレクションみたいです。

 

 

宜しくお願いします!

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

ROAのシューズ

どうも、堀家です。

 

 

 

先週末に、家にwifiが入るようになった。

 

と言うか、今まで契約してたんだけど、やってなかった。

 

 

これで、脱ミスター 低速モード。

 

 

you tubeで、ずーっと観ちゃうね。進撃の巨人

 

第3部。釘づけです。

 

 

パワハラ

 

過剰な反応すね。

 

 

 

 

タトゥー。

 

 

本人が自分の意志で入れてる事だし、

 

それに伴ってくる事は人ががたがた言う事じゃない気がする。

 

 

安室ちゃんも入ってるのに、誰も叩かないのに、違う人が入れると叩く。

 

それは、パワハラにあたりません?

 

 

なんてね。

 

 

 

 

新しく取り扱いがスタートしたシューズブランド。

 

ROA

 

 

f:id:hynm_horike:20180906192411j:plain

 

イタリアのトレッキングブランド。

 

あんまりゴリッとしてるのを、普段使いにするのは好きじゃなくて、

 

ライトに履ける感じ。

 

 

 

なんとなく探していたんだけど、

 

なかなか思うようなものがなくて。

 

 

それこそ、メレルとかだと、置いてある感じはいいんだけど、

 

いざ、自分たちのスタイル、パンツにあわせると、全然しっくりこない。

 

 

 

どちらかというと洗礼されたスタイリッシュな感じを探していた時に出会ったブランド。

 

f:id:hynm_horike:20180906194442j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180906194503j:plain

 

 

ハイブランド、ALYXのシューズはここが生産していてる。

 

 

そりゃ、納得。

 

f:id:hynm_horike:20180906194304j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180906194323j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180906194340j:plain

 

 

ビブラムソールやナイロンの感じも、ハイキングシューズなのに、

 

これだけスマートなルックス。

 

 

 

 

 

スニーカーでも革靴でもない、

 

ホンモノ仕様のイカす奴。

 

 

オススメです。

 

 

9月も始まり、怒涛の毎日だけど、

 

お客さん達に沢山の元気。もらってます。

 

 

様々なカタチで、還元?しますので、

楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

新ブランド LUV

どうも、堀家です。

 

 

新ブランド、LUV(ラブ)

 

 

f:id:hynm_horike:20180904180436j:plain

 

愛だろ?愛って事で。

 

 

なんか特徴的なスウェットと、

 

 

f:id:hynm_horike:20180904180455j:plain

 

 

結構いい値段するのに、PIZZA PIEって書いてあるのがいいな~。てのと、

 

f:id:hynm_horike:20180904180523j:plain

 

なぜか、?マークがついている。

 

ピザ パイ?って聞いているってのがお気に入り。

 

 

 

f:id:hynm_horike:20180904180545j:plain

 

この洗い込んだ生地やブリーチ。

 

この前、渋谷店のブログで紹介したLAST HEAVYとは、

 

商品への落とし込みは、逆のアプローチ。

 

その辺が結構気にいってます。

 

 

 

愛キタヨ。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

WILLY CHAVAWISM キタヨ

どうも、堀家です。

 

 

秋冬の第一弾。

 

WISMとWILLYの共同作成、WILLY CHAVAWISM。

 

毎回、doublet同様に、何を作るか、一から話し合って、練り上げていく作業。

 

 

今回も度肝をぬかれたWillyのショー。

 

そんな中、ルックでも抜群な存在感だったデニムジャケット。

 

 

f:id:hynm_horike:20180831165755j:plain

 

 

ただ、展示会に行っても見当たらない。

 

あれ?あのイカしたデニムのジャケットは?

 

どうやら、展示会で並べた時に、Willyが気に入らなかったらしく、まさかの商品化されないとのこと。

 

 

マジか。あれをスタイリングの核て考えてたからな。

 

 

堀家「Willy、あのデニム、CHAVAWISMでやるのは、有り??」と聞いたら、

 

Willy「言ってくると思ってたよ。やりますか!!」

 

 

なので、やっちゃいました!!

 

 

f:id:hynm_horike:20180831165824j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180831165849j:plain

 

 

世界で当然、WISMだけ。

 

もともとショーで使っていた生地が日本だったので、

 

全く同じ生地を手配し、パターンを作製、出来上がったものをWillyに送っては、戻して。を繰り返し、完成。

 

今回も、もれなく、修正とダメだしの繰り返しで、サンプルは何回、日本とコペンハーゲンを往復したでしょうか。。。

 

すんなり進んだ試しがない。

 

 

ま、その甲斐があって、完璧に仕上がった。

 

 

このGジャンとカバーオールの中間の様なアイテムで、シルエットに丸みがあって、最高。

 

イエローステッチも効いてるだしん。

 

 

f:id:hynm_horike:20180831165912j:plain




f:id:hynm_horike:20180831192252j:plain



そして、黒をフェードした、グレーに近い黒。Willy先生は、これを黒!と言いきっております。

 

f:id:hynm_horike:20180831192318j:plain


f:id:hynm_horike:20180831192332j:plain


共生地で、BAD BOY JEANSも作製。

 

もうストンとしたワイドなWILLYでは定番なデニムなんだけど、これも今回はなかなかのお値段なものを、

 

このデニムジャケットとセットで提案したい。て事で、価格も抑えてリリースするだしん。

 

 

 

そして、皆さま大好きなバッファロー

毎回、素晴らしい出来栄えなんだけど、今回もステキ。

 

f:id:hynm_horike:20180831192353j:plain

 

今回はリブをつけたので、いつもの着やすさはそのままだけど、見栄えはスウェット。

 

そして、インラインでは考えられないような、ポップな発色で作成。

 

f:id:hynm_horike:20180831205044j:plain


f:id:hynm_horike:20180831205113j:plain


f:id:hynm_horike:20180831205140j:plain



いつもと同じようにペルーの硬水で仕上げた、独特のコットンは、

 

やっぱり日本では造れない生地なんです。

 

 

そんなフルスイングなWILLY CHAVAWISMの第一弾。

 

もちろん第二弾もスペシャルなのを準備してます。が、


やっぱりWillyとWISM。骨太め。



 

宜しくお願い致します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

WISM × tone 新しい取組

どうも、堀家です。

 

 

何度か別注しているtoneから、

 

 

新たな別注のご紹介。

 

f:id:hynm_horike:20180825144253j:plain 


無地Tのイメージが強いし、毎シーズン安定しているんだけど、

 

 

 

なんか違う、新しい取り組みをしたかった。

 

 

で、呑みに行った時に、

 

自分が考えてる方向と、デザイナーがやっていきたい方向を話してると、

 

 

なんか合ったんす。パンとハマるフィーリングみたいなのが。

 

 

上手くは言えないんだけど。サウナも好きだし。

 

うん。よかったんす。殆ど俺がしゃべってたんだけど。。。

 

 

 

そこからは、商品云々よりも、どういうテーマとか、ストーリーを付けていくのかを、作り上げていくのかに、自分は注力した。

 

 

 

今年のGW。BRAIN DEADとGIMMIE 5のパーティの時に、デザイナーが来てくれて、

 

 

店の前でガンガン缶ビール飲んでたんだけど、

 

その時に盛り上がって、長時間だったから、もう座りたい、地べたに。て、なったんだけど、

 

座らないのよ。デザイナー。

 

 

パンツが洗えない素材だから。。。

 

 

その時に思いついたのが、

 

 

地べたに座れる、イカしたパンツ。を作ろう!

 

 

 

そこからのスピードは早かった。

 

シルエット、素材、ディテール。そこにtoneらしさを盛り込んでもらい、完成。

 

 f:id:hynm_horike:20180825144332j:plain



あまりシーズン感があることよりも、ベーシックに着たいアイテムだから、いつでも着れるように。

 

 

春にお花見でレジャーシートが無くても、

 

夏に玉川の花火の時にも、

 

秋にお祭りの時に、境内辺りに座る時も、

 

冬にクリスマスケーキを買うために並んでる時も、

 

 

気にせず座れる。

 

 

スラックス風の見栄えなんだけど、

 

実はコットンとナイロンなので、洗える座れる。

 

大胆に入った大きなタックと、大きなポケット、そして裾のジップ。

 

f:id:hynm_horike:20180825144411j:plain


f:id:hynm_horike:20180825144433j:plain


ハイウエストで穿くと短め、腰で落とすと、フルになるようなレングス。

穿き方で、見え方が変わるから、サイズ選びも楽しくなるはず。

 

 

横からのシルエットも完璧。

 

黒はS、カーキはMにします。

 

 

 

 

 

 

そして、シャツ。

 

 

シャツのテーマは、

 

朝寝坊した時にも、それを着れば大丈夫。がテーマ。

 

f:id:hynm_horike:20180825144501j:plain


f:id:hynm_horike:20180825144523j:plain

 

デザイナーこだわりのディテールや美しさは残しながら、WISMらしいエッセンスを。

 

 

ステッチワークや、背中のボックスぽいタックが最高にイカしてて、何気ないけど美しい。

 

f:id:hynm_horike:20180825144540j:plain


f:id:hynm_horike:20180825144601j:plain



tone本来の良さ、潜在能力が、ゲキ滾りしているのに、

 

 

シャーン!!!と、着地しているシャツ。

 

 

春にお花見の時も、

秋のお祭りの時も。

冬のケーキの時も。

 

 

今回のコンセプトは、デートシーン多め。

 

欲しているのかも、俺。

 

 

あ、失礼しました。

 

 

このシャツでネイビーもあるんだけど、それは、新宿のみのカラー。

 

新宿のインスタで見てみてください。


 

これは1度着てもらいたいアイテム。

 

良いシャツって、なんかうまく言えないんだけど、良い!てなることが、条件だと思う。

 

 

そんな感じで、今回は取り組んでます。

 

 

色々な人たちが協力してくれて、今回の取り組みになった。

 

 

皆様に伝わると嬉しいです。

 

 

是非店頭で

失礼します。