WISM × doublet POP UP Vol,4

どうも、堀家です。

 

 

来ました。

 

皆んなのdoublet。

 

www.houyhnhnm.jp

 

ここ数シーズン、立ち上がりにPOP UPをやってるから、

 

この辺の仕込みを考え出すと、自ずと次のシーズンへ向かってる感じがする。

 

 

今回は、今まで以上に、なかなかコンセプトやワードが決まらなかった。

 

 

嬉しいことだけど、今はWISMも、当然doubletも、少しずつ色んな人に知ってもらっていて、

 

嬉しいし、感謝してる。

 

 

お互いバタバタしてて、なかなか時間が取れなかったのもあるし、

 

知ってもらえた分、色々な事を気にかける事も多くなった。

 

 

普通は。とか。常識として。など。

 

 

 

 

 

 

ま、でも、その辺は、

 

常識的な方々に任せればいいんじゃね??

 

と、思っております。

 

 

やりたいように。なりたいように。

 

戦いたいように戦う。自分達の土俵でね。

 

 

 

はい!商品のご紹介。

 

 

テーマやコンセプトてのは、色々あるんですが、

 

昔も今も、色んなモノが、姿やカタチを変えて、進化したり、

 

それに順応する、人間も同じ。

 

だって、10年ちょっと前にI PHONE出た時とか衝撃だったけど、今は持ってる人の方が多いし。

 

テレビはブラウン管から、液晶とか。

 

モノだけじゃなく、人も順応、いや、進化している。

 

 

自分達が知ってもらえたキッカケのはSNSや、このhouyhnhnmもだけど、webという、存在。

 

 

そこから色々掘り下げて、

 

誰もが一度は見た時がある、あるモノを自分達風に。

 

 

www.youtube.com

 

 

賛否両論あるのかもしれないが、やりたいことをやりきる。

 

それが自分のスタイルと思ってる。

 

 

 

 

よくレコード屋とかで、耳にする、

 

ジャケ買い

 

 

そんな事したことなかったから、ジャケ買い出来るTシャツを。

 

f:id:hynm_horike:20180713143358j:plain

 

単なるフォトTには、絶対にしたくなかったから、フロントの部分も、携帯で観る横長の感じとか。

 

f:id:hynm_horike:20180713143424j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180713143439j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180713143455j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180713143524j:plain

 

ディテールとサイズ感は、徹底的にこだわり、バックのプリントもあれこれ悩んだんだけど、

 

取り組みとして、ずーっとdoubletのロゴTを別注で作ってきたから、

 

やっぱり、ロゴを入れた。

 

f:id:hynm_horike:20180713143556j:plain

 

そしたら、

 

 

 

 

「何ということでしょう」(劇的ビフォー アフター風)

 

めちゃくちゃカッコいい別注になった。

 

シルエットは、ダブレットらしいカタチ。

 

プリントはインクジェット プリントではなく、色をしっかり出すために、4色カラー分解。

 

 

洗っても、プリントが色褪せずらい。これがまた井野さんの心優しい、造り手の想い。

 

ここが、人としても、素敵な、この人の魅力なんだよな。

 

 

 

細かい事は店頭で伝えさせてください。

 

 

もちろん、インラインも。

 

抜群だ。

 

 

定着しつつある、WISM × doublet。

 

まだまだ、攻める。

 

まず前回を上回る、超える。

 

 

 

宜しくお願いします。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

賞賛

どうも、堀家です。

 

 

帰国してます。

 

 

今回の出張も、なかなかの色んな事があり、

 

行き当たりばったりや、偶然の産物的なものもあり、

 

嬉しい事に、沢山の人にWISMを知ってもらえていた。海外の人達にも。

 

その体感は今までとは、比べ物にはならないくらい。

 

 

全てに感謝ね。

 

 

 

だからこそ、

 

井の中の蛙にならないように。

 

 

 

 

全ての人に受け入れられる価値観、世界観てのは、ある意味、罪である。

 

特にWISMでは。それにラインナップしっかりあります!みたいな、

 

どこぞのセレクトショップみたいになったら、それこそ、誰も満足しない。

 

 

 

 

人を喜ばせたり、また来たいとか、いい店、いいスタッフ。て、感じてもらえて、それが仕入れからお客さんが笑顔で帰ってもらえる、1つのストーリーになる事だと思う。

 

 

色々な批判や様々な意見はあるにしろ、

 

 

それの何倍も、何百倍もの、賞賛される、そんなのが、世界一の店だと、思った。

 

 

やったります。

 

 

 

はい、今日は、セールですね。

 

もうそんな時期か。

 

f:id:hynm_horike:20180629202812j:plain

 

変な奴が写り込んでるな。。。

 

f:id:hynm_horike:20180629202854j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180629202915j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180629202936j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180629203040j:plain

 

明日からも、全員フルパワーでお待ちしております。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

滾っていこーぜ

どうも、堀家です。



パリに来ています。


現在パリは4日目を終了。



本当に嬉しい事に、WISMという店、名前が、浸透している。



海を越えて、自分達、チームが織りなす流れが、様々な人の心に響いてるのは、素直に有り難く思う。



実際、自分が海外にいる、このタイミングでも、歯をくいしばって、店頭に立って、元気にやってくれている、スタッフ。


本当に感謝してます。




で、昨日の話。


doubletチームと、メディアチームと、呑んでたんだけど、


そこで、尊敬する人からの一言。



「全然、最近、ブログ滾ってない。」





ある意味、痛いとこ突かれた。




確かに。自分でも、そう思う。




このブログを始めさせてもらった時、


毒にも薬にもならない発信は意味がない。



そう思って始めた。




けど、今は?



うん。



上記でもあったように、国内国外、いろんな人達に知ってもらえて、評価してもらって。



嬉しいけど、何か忘れてるんじゃないか?



自分は挑戦者じゃなきゃいけない。



日向小次郎が、波に向かってシュートを打っていたように。


牙が抜けた虎。に、ならないように。


タイガーショットが生まれたように。


良くいらっしゃる、


評論家の様に、預言者の如く、物事を言うんだったら、


お前らがやってみなよ。




さぞ、素晴らしいバイイングやクリエーションが出来るんだろうよ。





出来たことや、結果を見たうえで、自論を展開するのは、



アルバイトでも出来る。好き嫌いと、変わらないからね。




大事なのは、判断すること、決断すること。



それが本当の、ディレクションであり、クリエーション。


 


なので、



滾ります。滾り続けます。




どう考えてもWISMも自分も、王道ではないし、


ガンガンはみ出していかないと。



予想もできない化学反応。


まさにそれが、



制御不能ディレクション



決意表明だ。


元々ヒール気質なんだし。



上からも下からも、左も右も、


全部、世界、かかって来い。



そんな感じで、これからも邁進していきます。


f:id:hynm_horike:20180624173253j:plain



是非店頭で

失礼します。

夏のお供 STAMMBAUM×WISM

どうも、堀家です。

 

 

梅雨なんですかね。この感じ。

 

 

過ぎればすぐに夏。今年は何しようかな。

 

 

仕事だね。

 

 

さ、そんな夏に着てもらいたい別注Tシャツの入荷。

 

f:id:hynm_horike:20180616120450j:plain

 

STAMMBAUMはモノづくりに定評がある、ちゃんとしたブランド。笑

 

モノや生地とか、縫製に至るまで、しっかりやってるブランドです。

その信頼度は高く、様々なブランドとのコラボレーションも行い、

 

そのブランドとWISMの取り組みは、素材を活かしながらも、WISM流に。

 

 

f:id:hynm_horike:20180616120536j:plain

 

ボディは、某アメリカブランドのシルエットに、肩幅、着丈を足し、

 

一見シンプルなんですが、よく見ると、杢っぽい色合いであり、

 

大きさも少しだけ抑え、一枚でもインナーでもイケるヤツに。

 

 

特に今年はシャツを着る機会が多く、そのインナーに着る時Tシャツが、

 

WISMにはあんまりないな。と思い、別注してもらったアイテム。

 

特に自分が最大級に気に入ってる部分は、ネックの高さ。

 

f:id:hynm_horike:20180616120612j:plain

 

通常のアメリカブランドは、ネックバインダーも強く、ぎゅんぎゅんに首が詰まってるんだけど、

 

ほんの少し、5mmだけ下げたんです。たかが5mmでも、見え方や着た時の感じは全然違うんす。

 

こういうのを見ると、やっぱり洋服ってすごいな!と、感じた部分。

 

 後は洗濯を繰り返すとへなってしまうポケット。タバコとかすぐ落ちる。

 

なので、

 

f:id:hynm_horike:20180616120712j:plain

 

パイピングを入れて、へならないように。

 

 

 

 

着た時に感じる何気ない仕様だったり、定番で普遍的なアイテム、

 

たまにはこんなアイテムがウチにあってもいいかもしれない。

 

 

造りは最高。シルエット完璧。夏は潔く一枚。シャツのインナーにもいける。

 

 

展開は4色。

 

f:id:hynm_horike:20180616120814j:plain

 

白、黒、ベージュ、バーガンディ。

 

とりあえず、白とベージュは先に。夏本番までにはバーガンディを買う。

 

 

とてもナイスなTシャツ。

 

宜しくお願い致します。

 

 

f:id:hynm_horike:20180616120835j:plain

 

引き続き、こちらもお願いします。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

勇気を出して。ビャッと。

どうも、堀家です。

 

 

お店のブログでもありますが、

 

blog.baycrews.co.jp

 

blog.baycrews.co.jp

 

現在、HOORSENBUHSのWポイント、真っ最中。

 

渋谷、堀江、新宿で開催しております。

 

f:id:hynm_horike:20180612110412j:plain

 

自分も性格的に

 

ポイントカードとか、

 

 

全然ピンとこないし、

 

近所のスーパーでポイント2倍とか、めちゃくちゃ混んだりするじゃない?

 

 

ただ、

 

 

内容理解すると、なかなかお得なんすよね。

 

 

そして、夏に向かっての手元。

 

 

大事すよね。

 

 

f:id:hynm_horike:20180612110436j:plain

 

そんなに手元に気を使うタイプではないから、一度決めたら長い期間、その手元でいる事が多い。

 

ここ3年、ずっとつけてるのは、ブレスレット。

 

今日の服に合う!とかの域ではなく、手首にあって当たり前な存在。

 

たまに忘れたりなんかすると、その日は、あんまり調子が出ない。とか。

 

 

f:id:hynm_horike:20180612110934j:plain

 

中指にはマスク リング(写真一番左)これも3年くらい。

 

WISMスタッフでは、定番ものもですが、このボリューム系の着用率が高い。

 

真ん中のファントム リングが一番多いのかな。

 

 

 

こういうのって、結局欲しいけど、買わなかったり、後回しになったりしちゃう。

 

勇気を出して。ビャッと。いってくれたら、嬉しいです。

 

 

欠けていたサイズも揃っているので、

 

この機会に是非。

 

宜しくお願いします。

 

 

 

是非店頭で

失礼します

 

 

 

doublet

どうも、堀家です。

 

触れるのも嫌らしいが、触れないわけにもいかないので。



 

獲ったね。井野さん。

 

hypebeast.com

 

 

発表する女の人の発音が良すぎて、

 

デュベッ!って言ったから、よくわかんなかったんだけど、

 

そしたら黄色い変な服着た井野さんが出てきたから、

 

おおおおおっ!て、なった。

 

 



 

1人の男のサクセスストーリーを近くで見れてます。

 

 

 

このパリに飛び立つ、前々日に久しぶりに深酒。

 


f:id:hynm_horike:20180607101437j:plain



と、言っても1か月ぶりくらいなんだけど。苦笑

 

 

 

お互いに、本当に箸にも棒にもかからないような時期に出会ってたので、暇さえあれば会ってたから。

 

串カツ田中で泥酔したり、駅のロータリーで、缶ビールとか。

 

 

 

もちろんこれがゴールじゃないし、ここから更にdoubletがどうなっていくのか楽しみにしている。

 

 

 

 

ただ、ブランドの立ち位置で、

 

やりたい事をセーブするようなWISMじゃないし、


変わらず自分達が楽しい。と、思える事を考えていく。


 

 

なので、7月も楽しみにして下さい!

 

 

おめでとう!井野さん!

 

 

是非店頭で

失礼します。