まかり通る

どうも、堀家です。

 

 

今の状況という、流れに身を任せるのではなく、自分で流れを変える。

 

 

 

後は自分自身の受け皿、それがどれほどなのか。どれほど広げられるのか?

 

 

常に新しいことへの挑戦。それとは真逆の、日々の事。

 

 

 

これを来る日も来る日も、繰り返して、強さに変わる。

 

 

 

「またか」

 

そんな感じで、ずっとチャンスを逃してきた自分がいて、

 

届きそうで届かなくて。

 

ま、結局、自分がショボいんだけど。

 

 

 

 

だから、

 

開き直りの様にも聞こえるかもだけど、

 

そんなチャンス。掴む必要がない。

 

 

いつ来るか分からない、順番待ちや、椅子取りゲームのような、

 

 

会社や、誰か、何かが作り上げた、チャンス。

 

んなもんに、左右されるくらいなら、

 

 

やりたいようにやる。なりたい自分になる。

 

 

普通、通常、原則、一般的に。そんなもん、不必要。

 

 

 

良くするためのルールは理解出来るが、

 

 

ルールの為のルール。

 

それが基準。今の服屋は。

 

 

だったら、わざわざ拾いになどいかない。

 

 

この世界で、自分を、自身を

 

 

 

まかり通らせる。

 

 

それのほうが、よっぽど、スマート。

 

とか、

 

 

想ってます。

 

 

宜しくどうぞ。

 

 

今日はRab。

 

 

この辺が入ると冬が近づいてきた感じがする。

 

まずは、ものすごく進化したフリースのブルゾン。

 

 

 

 

f:id:hynm_horike:20181019210835j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181019210900j:plain

 

去年のも抜群だったんだけど、今年のは、さらに進化。

 

 

フリースってあったかいんだけど、風は通してしまう。だからアウターにはなかなかなりづらい。

 

 

今年のは内側にナイロンが貼ってあり、より暖かさや風を通しづらいデザインに。

 

 

f:id:hynm_horike:20181019210938j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181019210955j:plain

 

 

 

 

 

そして、ダウンのプルオーバータイプ。

 

f:id:hynm_horike:20181019211030j:plain

 

これ、見た感じ、すごく着づらそう。と、思う人多いかもですが、

 

まず、ハーフジップの長さが、かなり下までくる。

 

f:id:hynm_horike:20181019211134j:plain

 

そしてサイドに大きなスリット。

 

f:id:hynm_horike:20181019211214j:plain

 

 

厚すぎない絶妙なダウン量。

 

f:id:hynm_horike:20181019211331j:plain

 

すっと着てもらうのもありだけど、ちょっといい感じにレイヤードしてもらってもいいかも。

 

 

f:id:hynm_horike:20181019211430j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181019211312j:plain

 

クラッシックと今の融合。

 

今年はそんなアイテムが非常に心惹かれます。

 

 

そしてプライス。

 

 

フリースは¥23000-、ダウンプルオーバーは¥34000-

 

驚きです。

 

 で、明日は沢山入荷します。

 

COMOLI、C.E、UNUSED。

 

日曜はSAYHELLO。

 

 

楽しみにしててください。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

AIMEのワラビー

どうも、堀家です。

 

 

 

改めてのAIME LEON DORE。

 

f:id:hynm_horike:20181013141155j:plain

 

 

既に力説してくれてますが、

 

 

blog.baycrews.co.jp

 

 

最初に見たのは、去年の年明け。

 

 

見た目はワラビー。なのにアッパーはDUNK。

 

f:id:hynm_horike:20181013141234j:plain

 

その融合に完全にやられて、仕入れた。

 

クラークスの重鎮感と老舗な雰囲気が得意じゃない自分には、

 

新しい提案にすごく惹かれたのを憶えてる。

 

f:id:hynm_horike:20181013141254j:plain

 

 

その時はキャメルで、あっという間に顔が見える方たちに買ってもらい無くなってしまった。

 

 

で、どうやら、春夏には作らないらしく、満を持しての秋冬。

 

 

以前完売したときに、スタッフたちが買えなかったこともあり、めちゃくちゃ文句を言われたこともあり。。。。。

 

 

足りない、サイズがない。とかね。笑

 

 

 

なので、今回はサイズもレンジを広げての展開にしました。

 

 

f:id:hynm_horike:20181013141327j:plain

 

調べると、おそらくなんだけど、パドモアと同じ工場。かも。

 

 

シーズン的にも同じものを作らないAIME

 

 

次はいつになるかわからないので是非。

 

おそらく日本でWISMだけだと思うので。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

GOOD MEASURE

どうも、堀家です。

 

 

タバコを買おうと、コンビニへ。

 

 

いつものコンビニになんだけど、

 

初めてみる女性の方。

 

 

タイとか、そちら側の方だと思う。

 

 

 

アメリカン スピリットの黄色を、くだ…」

 

 

くらいで、 

 

 

 

ものすごくデカい声で、 

 

 

「きいろ〜〜〜。」

 

 

かぶせ気味に。

 

 

俺が黄色と発して、0.5秒後くらいに、

 

 

きいろ〜〜。

 

 

 

 

うお!すげー。と、ビックリして、

 

 

名札みたら、

 

 

名前のところに、

 

 

 

すいか。って書いてあった。

 

 

それで、アメリカンスピリットは、7種類くらいあって、

 

濃い黄色と薄い黄色があるんだけど、

 

濃い方を指さして「きいろ??」て聞いて、自分は違うと首を振り、

 

薄い方をさして「きいろ??」て、言うから、自分は首を縦に振る。

 

 

なのに、もう一回、濃い黄色指さして、「きいろ???」って聞く。

 

 

 

嘘くせえと思ったあなた。

 

 

行ってみてください。キャットストリート入口の、

 

 

緑と白の看板のコンビニに。

 

 

 

「レシート、いらないです。」

 

 

て、言ったら、

 

 

「うん!!!」

 

 

との事。

 

 

すいかさん!!大ファン!! 

 

今日のご紹介は、GOOD MEASURE。

 

 

f:id:hynm_horike:20181011194522j:plain

 

 

フロム、イングランド

 

 

ロンドンで歩いて展示会に向かっていた時。

 

 

ちょっと雰囲気の良い店(服屋)で、偶然見かけたおじさん。

 

 

レザーブルゾンに、グレーのスウェット、オーバーオール、革靴。

 

シンプルで普通なんだけど、なんかオシャレな感じ。

 

 

ただ、あんまり興味があるテイストでは無かったので、軽く会釈で終了。

 

 

 

そして展示会に着き、ちょっと見ていたら、

 

 

そのオシャレなおじさんが、そのブランドのところにいた。

 

ただ、やっぱりテイスト的には、若干クラッシック。イギリスからみたアメカジ的な。

 

 

そんな時にオーバーオールの中に着ていたスウェットを見せてもらった。

 

 

Tシャツは、キュンキュンに小さく、ジャストサイズだったんだけど、

 

スウェットのシルエットはややオーバーサイズで、ふんわりしていて、

 

 

話をしたら、生地から染め、縫製まで、全てをイギリスのマンチェスターで行い、

 

 

独特な雰囲気。しっかりした生地で、

 

凄く惹かれた。これを更にWISM仕様に変えてもらい、今回入荷したのが、これ。

 

f:id:hynm_horike:20181011194637j:plain

 

色もあえて王道ではなく、WISMっぽいカラーに。

 

 

f:id:hynm_horike:20181011194657j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181011194709j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181011203210j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20181011203229j:plain

クラッシックとWISMの融合。

 

まさにそんな感じです。

 

 

f:id:hynm_horike:20181011194744j:plain

 

蜂はマンチェスターの町を象徴するらしいです。

 

 

 

 

 

そして明日は、お待たせしました、AIME LEON DOREの秋冬第一弾。

 

 

ロンTと定番のフーデット、カラーブロックされたクルースウェット(超欲しい)と、前回あっという間に完売した、見た目クラークスとNIKEのDUNKで、履き心地めちゃくちゃ良いワラビーが入荷します。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

 

 

復活のFRESH JIVE

どうも、堀家です。

 

 

復活したんです。FRESH JIVEが。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162632j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006215214j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215233j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215248j:plain

 

という俺も、昔、FRESH JIVEを追いかけてたわけでも、着ていたわけでもない。

 

 

 

 

1989年にスタートし、その中心人物であったリック。

 

 

なんか色々嫌になり、2000年初頭にブランドを離れるが、

 

この度返り咲き。

 

 

彼が元々オリジネイターでやっていた頃の、いかしたグラフィックのものや、

 

年を重ねた分、そぎ落とされ、洗練されたものは、

 

全くFRSH JIVEを通ってなかった自分でも、単純にかっこいいと思えた。

 

 

以前のブログのように、サーフ、スケート、パンク。みたいな、

 

NOON GOONSとかと同じような、オマージュのような、

 

 

そういうブランドが、気になってて、NOON同様、その代表格なブランド。

 

 

過去の事も知らない自分が、単純にかっこいいと思える、

 

それが服が放つパワーだと思う。

 

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162654j:plain

 

このスウェット。本当に抜群。

 

肩も落ちてて、丸みのあるシルエット。自分、青にします。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162803j:plain

 

シャツなんだけど、

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162841j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006162859j:plain

 

ブルゾンのカタチ。これは昔にはなかったデザイン。最高す。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006163001j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163014j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163039j:plain

 

ベロア。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006163108j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163125j:plain

 

 

そして、こちらも激推しのブルゾン。

 

f:id:hynm_horike:20181006163222j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163238j:plain

 

まさに王道のダック地と襟の配色。

 

f:id:hynm_horike:20181006215315j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215328j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215345j:plain

こういうのが、軽く見えないのが、歴史だったり、背景にカルチャーがある。って事なんすよね。

 

 

 

 

本日より、渋谷、新宿、堀江。各店で販売開始します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

tone × le coqダガヨ

どうも、堀家です。

 

明日から発売のtoneとle coqのコラボレーションライン。

 

 

略して、、、、

 

 

麻喜ンター。(全然関係ない、内輪の悪乗りす)

 

 

 

失礼しました。

 

 

とにかく、WISMでも推しているtone。

 

シンプルの中にこだわりが見え隠れする、tone。

 

前回も好評だったけど、今回の冬はどうくるのか。

 

いい意味でやられたのを憶えてる。

 

 

まずは、ナイロンのブルゾン。

 

f:id:hynm_horike:20181004205638j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181004205659j:plain

 

かっこいい。そしてtoneらしさ。そこにリバーシブル。

 

プリマロフトで暖かく、とにかくこの黄色を観たときに、思わず、

 

「ZOO」って言ってしまった。若い子はわかんないかもね。

 

30代後半以上は笑ってもらえるかと。

 

f:id:hynm_horike:20181004210349j:plain

 

 

イエロー × ネイビーと、ネイビー × カーキ。

 

これは早い者勝ちな気がする。

 

 

そして、ハーフジップ。

 

 

f:id:hynm_horike:20181004210413j:plain

 

安定すね。

 

 

そして、何よりやられたのが、このパンツ。

 

f:id:hynm_horike:20181004210435j:plain

 

きれいなシルエット、ガンクラブチェック。

 

これがle coqなんだよ??もうびっくりして、最初toneのインラインだと思っていた。

 

f:id:hynm_horike:20181004210458j:plain

 

洗えて、すぐ乾いて、ガンクラブチェック。

 

 

普段は絶対に穿かないチェックパンツ。

 

これは、欲しい。

 

 

今回はあまり数もないので、早めのご来店をお願いします。

 

 

インラインとは違う、絶妙な世界観。

 

良いと思います。

 

 

渋谷、新宿、堀江にダッシュ

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

気づいたら、BURLAP OUTFITTER

どうも、堀家です。

 

 

気づいたら、たばこの値段あがってた。

 

聴いてない。

 

 

 

 

 

 

もっと聴いてないのは、

 

 

 

#おしゃれさんと繋がりたい

 

 

どうでもいい。

 

 

 

 

はい。だいぶ皆さまアウターを探す人増えてきました。

 

 

そんな中、万能なヤツの登場す。

 

 

 

BURLAP OUTFITTER。

 

 

f:id:hynm_horike:20181003184924j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181003184950j:plain

 

ボタン多めのフードブルゾン。

 

中綿が入ってて、暖かい。

 

 

で、昔らしさもありつつ、肩が落ちているデザインなので、

 

今の感じでもハマる優秀なヤツ。

 

 

シルエットにゆとりもあるので、中にも着こめます。

 

プリマロフトの、パーテックスの、サプレックスナイロン。。。

 

要はすごいって事で。

 

 

f:id:hynm_horike:20181003185012j:plain

 

個人的にはイロモノ着たいから、サックスなんかいいんじゃないでしょうか。

 

クロ、カーキ、サックス。

 

 

 

 

 

もう一つはキャップ ブルゾン。

 

 

同色で切り替えがあるタンカーブルゾン。

 

f:id:hynm_horike:20181003185052j:plain

 

こっちはプリマロフトにパーテックス。

 

 

 

f:id:hynm_horike:20181003185109j:plain

 

とにかくコストパフォーマンスもよく、

 

気兼ねなく着れる。

 

 

そんなブルゾンたちです。

 

 

 

是非店頭で

失礼します

 

COMOLIたる「ゆえん」

どうも、堀家です。

 

 

 

 

COMOLIのアウター類が入荷しました。

 

毎回、COMOLIの展示会で感じる、凄みと違和感。

 

それが凝縮されているのが、コート類だと思う。

 

 

ブログを書く前にバルカラーのコートは完売。ありがとうございます。

 

 

まずはタイロッケンコート。

 

 

f:id:hynm_horike:20180929154352j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20180929154421j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180929154442j:plain

ここまで信頼できるコートがあるでしょうか?

 

言いかたがあってるかわからないけど、穴があくまで着れるコートって、

 

こういうことなんだと思う。

 

 

そして、メルトンのフードコート。

 

f:id:hynm_horike:20180929154507j:plain

 

 

すごく展示会の時にも輝いていた、ショールカラーのコート。

 

 

f:id:hynm_horike:20180929154531j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20180929154555j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180929154611j:plain

 

これ欲しい。

 

 

 

 

 

毎回展示会の時に、コートを全く着ない自分が、

 

これなら欲しい。着たい。って思えるコートが必ずある。

 

それが自分が、自分自身に感じる違和感。

 

 

 

 

服を着るヒント。

 

それがCOMOLIが支持される「ゆえん」なのかも。

 

 

今までの人生で、買い逃したコートで、本気で後悔しているのが3つ。

 

そのうち2つがCOMOLI。いつかつくってもらいたいな。

 

 

 

天気も悪めですが、こんな時こそ、かっこいい服を着てもらって、

 

楽しんでもらいたいです。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。