Token Surfboardsからの提案

どうも、堀家です。

 

 

新ブランド。NYから。

 

 

元々ブランドは知ってたんですが、直に見る機会が無くて、

 

偶然行った展示会で、何も知らずに手に取ったブランド。

 

グラフィックも良かったんだけど、全体の感じが凄く良かった。

 

 

パンツのシルエットや色合い、サイズ感とか、その時にパって見た時に、

 

店に置きたい!って響いてしまった、そんなブランド。

 

f:id:hynm_horike:20170220190906j:plain

 

Token Surfbords。

 

 

ベースはもちろんサーフィンなんだろうけど、ストリートのニュアンスもあり、

 

なおかつ、現代的にアレンジしているのが、一番惹かれた理由。

 

 

From New York With Love(ニューヨークより愛をこめて)が、ブランドのスローガン。

 

NYらしい。とか、何々らしい。とかじゃなく、

 

何も気にせず、さらっと着てもらいたい。そんなブランドです。

f:id:hynm_horike:20170220190955j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170220193114j:plain

f:id:hynm_horike:20170220193142j:plain

f:id:hynm_horike:20170220193206j:plain

f:id:hynm_horike:20170220193225j:plain

f:id:hynm_horike:20170220193241j:plain

 

 

それこそ、COMOLIとか、HBNSとか、そういうのに合わせてもらうと、

 

ぐっと、オリジナリティが出る気がします。

 

f:id:hynm_horike:20170220193303j:plain

f:id:hynm_horike:20170220193322j:plain

 

自分はdoubletとの感じが気に入ってます。

 

f:id:hynm_horike:20170220171225j:plain

f:id:hynm_horike:20170220193349j:plain

 

是非見てもらいたいブランドです。

 

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

経験としてのS.E.H KELLY

どうも、堀家です。

 

 

展示会で見た時から、本当に楽しみにしていたアイテムが入荷。

f:id:hynm_horike:20170215212226j:plain

 

 S.E.H KELLY。

 

 

イメージ的に、どうしてもきっちりしている。

 

かっちりしている。モノ寄りだ。みたいなのが、WISMの中では強いんだけど、

 

 

これは、個人的にもすごく気になった、気に入ったアイテム。

f:id:hynm_horike:20170215212301j:plain

 

 

新型のシャツ。

 

 

まずは色。男らしい色なんだけど、洗礼された、何とも言えない色。

 

 

大きめのポケットが、普通なら甘くなりそうなのを、かっこいいに昇格させているのは、

 

 

やっぱりシルエットだったり、彼らが作る世界観だったりする。

 

 

もちろん、完全防水ではないけど、強い打ち込みの生地は多少の雨なら問題なし。

 

 

機能としても、服としても、パーフェクトに近いアイテム。

 

f:id:hynm_horike:20170215212348j:plain

 

 今年の春夏はシャツはこれで行くって決めていた。

 

f:id:hynm_horike:20170215212429j:plain

 

 

ネイビーももちろん。やばいっす。

 

 

そして、コート。

f:id:hynm_horike:20170215212501j:plain

 

 

ブリティシュベンタイルの極みの薄さで作られたコート。

 

 

いつもの重みのあるベンタイルももちろん好きなんだけど、

 

これはまた新しいファブリック。

 

 

もうセットインスリーブとか、ラグランだとか、そういうのではなく、

 

このブランドのキャリアが、集約されているアイテムだと思う。

 

 

とにかく、見てほしいです。

 

 

是非店頭で

失礼します。

PHOEBE EBGLISHの哲学

どうも、堀家です。

 

 

WISM内、スタッフ内で人気上昇中の、

 

 

PHOEBE ENGLISH。

 

 

相変わらずの抜群さに、やられています。

 

 

先日行ったPARISでも素晴らしい内容でした。

 

 

個人的リコメンドはシャツ。

 

f:id:hynm_horike:20170210205113j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170210205240j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170210205255j:plain

 

他には無い、独特のカット、ディテールがPHOEBEっぽい。

 

f:id:hynm_horike:20170210205330j:plain

 

コートも素敵。ラスト1点。

 

 

f:id:hynm_horike:20170210205407j:plain

 

かばんも良し。

 

 

f:id:hynm_horike:20170210205430j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170210205447j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170210205459j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170210205513j:plain

 

とにかくかっこいいので、寒いけど見に来てほしいです。

 

宜しくお願い致します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

 

新ブランド BRUTA

どうも、堀家です。

 

 

帰国しております。出張先でお世話になった方々、ありがとうございます。

 

 

本日は新ブランド、BRUTA(ブルータ)

 

 

LONDONベースの刺繍に重きをおいたブランド。

 

アーティストでもあり、自身の刺繍をアートとして捉えた面白いブランド。

 

もちろんですが、ボディの生地も上質で、最高です。

 

f:id:hynm_horike:20170206204237j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20170206204323j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170206204340j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170206204357j:plain

 

f:id:hynm_horike:20170206204526j:plain

 

 

シャツ。

 

 

f:id:hynm_horike:20170206204448j:plain

 

ヘンリー。

 

f:id:hynm_horike:20170206204610j:plain

 

キャップ。

 

先日海外でも、忘れちゃったけど、なんか、イケてるブランドTOP5とかにも名前ありました。

 

 

とにかく、要注目なブランドである事は、間違いない!

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

doublet POP UPと制御不能な別注

どうも、堀家です。

 

まず、表題の件。

 

やります。doubletのPOP UPを、2/3から。

 

 

そして、

 

f:id:hynm_horike:20170202174833j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20170202174911j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20170202174936j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20170202174958j:plain

 

Styling: Kodai Suehiro
Photo: Haruki Matsui
Model: Takahiro Hara
    Takuma Fujie

 

WISMで初めてのヴィジュアル制作。

 

そもそも、WISMでヴィジュアル作った時ないのに、

 

初めて作ったのがダブレット。。。

 

 

そう言う、ありえない感じも、WISMなんだよね。

 

 

更に、

 

f:id:hynm_horike:20170202175359j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20170202175522j:plain

 

作ろうと思った経緯は、とにかくdoubletがカッコよく、ストアイベントをやりたいって、話をし、

 

そのタイミングで、何か作ろうって事に。

 

 

ハイブランドも、ストリートもD◯Lのロゴをもじったのは、多かったんだけど、

 

FE◯EXのベースは無いな?と思い、井野さんに相談したところ、

 

 

いっすね!!だったら、もうちょい、カオスにしちゃいましょう!ってなり、

 

FEDE◯とDH◯、どっちも1枚にまとめちゃう感じにした。

 

 

本当は背中に、佐川急便とかヤマト運輸とか、日本の輸送も入れようかと思ったけど、流石にやめた。。。

 

doubletというブランドロゴに、

 

通常は®️マークをWISMのWにし、

 

ExpressをExclusive に変更。

 

 

要は、ダブレットのWISMの別注。っていう、

 

 

非常に理にかなったデザインになった。

 

 

そして袖にはSLEEVE と、言われなくてもわかるわ!って内容をプリント。

 

まさにカオス、このロンTは、

 

制御不能Tシャツと命名した。

 

 

 

これをPRESS展で見せた時に、

 

これをお願いする堀家さんも堀家さんだけど、

 

作っちゃうブランドもブランドですね。と、

 

お褒めの言葉を?頂きました。

ふざけ半分、ボディはダブレットのオリジナル生地を使用。抜群です。

 

 

これは、自分や井野さんからの願いでもあるんだけど、

 

もちろん、ブランドのファンや、WISMを好きでいてくれている人達には着てもらいたい。

 

それだけじゃなく、doubletカッコイイけど、なかなか買えない。高いし。

 

そんな方達にも、これを入り口として、着てもらいたい。

 

 

そういう願いも沢山込めた別注です。

 

 

是非、袖を通してみてください。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

 

 

生のNBA

どうも、堀家です。


朝イチはHOORSENBUHS。


あまりにも海が綺麗だったので、Uberを途中で降り、写真を撮る。

f:id:hynm_horike:20170201161958j:plain


f:id:hynm_horike:20170201162044j:plain


今日は大きいミーティングが続いた。


夜は念願だった、こちらへ。

三年前ぐらいからずっと行きたいって思ってたんだけど、タイミングが合わなかった。


f:id:hynm_horike:20170201162255j:plain




f:id:hynm_horike:20170201162502j:plain


f:id:hynm_horike:20170201162540j:plain


レイカーズと、ナゲッツ


今はあんまりレイカーズって強いチームじゃないらしい。同じLAのクリッパーズの方が断然強く、人気もあるようです。



自分がバスケを始めた時は、マジックジョンソン全盛期。ディバッツという白人の上手いセンターがいたりした時代。


その後は、シャックやグラント、フィッシャーや、コービーなどのスーパースターがいたので、この状況は悲しい。


観てても、抜群なスターはいなかったし、NBAの最高峰な感じではなかった。


が、



しっかし、良い試合で、最後の最後まで、分からないナイスな展開。


スポーツだけど、エンターテイメントの要素も強く。



結果は、




f:id:hynm_horike:20170201163311j:plain


f:id:hynm_horike:20170201163349j:plain



勝ったんです!嬉しかった。


今日の大きなミーティングも、必ず勝つ。



そして、2/3からスタートする、


制御不能のカリスマブランド、doubletの別注アイテムを、WISMのインスタで公開中。


いや、WISMスタッフのインスタか。


是非見てください。



宜しくお願い致します。



もう直ぐ日本。嬉しい。



是非店頭で

失礼します


最終地

どうも、堀家です。


最終地、LAに到着。


今日はサンディエゴまで。


ほとんどメキシコだから、遠い。


改めて素敵なGYM STANDARD。


f:id:hynm_horike:20170131165914j:plain



別注を打ち合わせしたり、


f:id:hynm_horike:20170131170059j:plain


インライン仕入れたり。

f:id:hynm_horike:20170131170219j:plain



Benとの打ち合わせをこなし、


f:id:hynm_horike:20170131170403j:plain


f:id:hynm_horike:20170131170514j:plain


この車、1億5000万円だって。


f:id:hynm_horike:20170131170738j:plain


今日の移動距離は450km。


f:id:hynm_horike:20170131170917j:plain


そりゃ、呑みますわ。



是非店頭で

失礼します。