寒い風潮とCHINA TOWN MARKET

どうも、堀家です。

 

 

なんすかね。

 

 

 

 

なんかあれば直ぐに、

 

 

あーだこーだ。騒いぐ。

 

 

そういう世の中なのか。

 

 

 

常に攻撃する対象を探してる。てのかな。

 

しかも、本当にかっこ悪いなって感じるのは、1人じゃ出来ないやつら。何人かじゃなきゃ、攻撃出来ない。

 

 

 

俺の周りの人間も、変わらねえか。

 

あ、WISMではなくてね。

 

 

 

 

そうやって、人を蹴落として、

 

しがみついて、生きてきたんでしょう。何かに。

 

 

生き残ったわけじゃなくて、

 

しがみつくことしか、なかったんだろうけど。

 

 

長いものに巻かれ、本質は知らなくて、

 

自分の意思ではなく、上の意見。トップダウンとでも言うのですかね。

 

 

ま、ある意味、平和に日々を暮らしているんでしょう。

 

 

 

預言者にでもなったらいいと思うよ。

 

 

そんなに世の中や、ファッション、先の事が分かっているのであれば。

 

これから先、どうなるか、

 

是非、教えてもらいたい。

 

 

 

 

自分の手柄。という、
 
 
お飾りの様なワードを、言いたいが為に、
 
何も持ち合わせていない、誰かに評価してもらいたいが為に、
 
 
一部の人間と、そいつ自身しか拘ってない、
 
 
非常に下らなく、低レベルな事の為に、
 

 

 

世の中は回っていると思っている方々に。

 

 

宜しくどうぞ。

 

 

さ、今日のご紹介は、

 

CHINA TOWN MARKETのWISM別注。

 

 

f:id:hynm_horike:20181108115819j:plain

インラインで使用されている生地では無く、LA APPARELという、肉厚なボディに変更。

生地感だけではなく、肩の落ち具合や、フードの立ち具合も、イカシテマス。

 

f:id:hynm_horike:20181108105849j:plain

 

 

で、大人気であり、自分たちも大好きな、Call My Lawyer。俺の弁護士に電話しろ。

色々なグラフィックを見たけど、やっぱりコレが一番好き。

 

f:id:hynm_horike:20181108105911j:plain

 

 

 

そしてプリントも通常はフロッキーだったのを、発泡プリントに変更。

 

フロッキーってやっぱり硬くて、最初着づらい。でも立体的なプリントにはしたい。てマイクに伝えたら、考えてくれたのが発泡でした。

 

 

グレーボディにブルーの通称、ポカリ色。

 

f:id:hynm_horike:20181108105934j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181108115848j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181108115908j:plain

そして、黒にピンクの通称、ピンク電話色。

 

f:id:hynm_horike:20181108105947j:plain

 

 

フロントはワンポイントなので、着てて飽きのこないデザイン。

 

夏以外はずっと着れるやつですね。

 

WISMでしか手に入らないので、宜しくお願い致します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

良い色のRabのフリース

どうも、堀家です。

 

 

インラインも好調なRabのフリース。

 

満を持しての王道カラーが入荷。

 

f:id:hynm_horike:20181106124154j:plain

 

程よい毛足のパイルで、触り心地も気持ちいいし、丈夫で、洗える。

 

こういうのって、結局洗えないと嫌な人、多いんじゃないでしょうか?

 

f:id:hynm_horike:20181106124237j:plain

 

 

以前にもインラインのフリースの時にも書いたんだけど、もう一度。

 

去年はダブルパイルフリースだったので、かなりモコモコして、

 

保温性はあるものの、フリース特有の風を通してしまう。。。

 

それを全て解消された、スペシャルなやーつ。って事で。

 

f:id:hynm_horike:20181106124314j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181106124331j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181106124349j:plain

 

着ぶくれせず、風通さない。

 

そして日本限定のリミテッドカラー。

 

 

こういう切り口、嫌いな方も多いよね。ライセンスかよ?みたいな。

 

違うす。

 

ちゃんと本国のデザインチームがデザイン、企画していて、同じ工場で作成。

 

要は、ホンモノって事で。

 

f:id:hynm_horike:20181106124413j:plain

 

ベージュのボディに、青ラインと黒。

 

どちらも早くも無くなりつつあるので、お早めに。

 

 

f:id:hynm_horike:20181106124509j:plain

 

凄いですね~、笑ってますね~。食べられそうですね、頭から。

 

新宿店の影山です。

 

接客は丁寧。以後お見知りおきを。

 

 

 

11月も色々楽しんでもらえる、当然仕掛けてる俺たちも楽しみにしている。

 

そんなものが、提案出来たらと思ってます。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

気持ちのいい兄弟

どうも、堀家です。

 

 

世の中、気持ちの良くない人。

 

保身、パワハラ、言ったもん勝ち、最初に手を挙げた奴を擁護する。

 

 

会社あるあるなのか、今の風潮なのか、なんなか知らないけど。

 

 

 

しょーもな。

 

 

もっと真剣に生きたほうがいい。

 

多数決でもなければ、派閥や立場、そんなもんを武器に練り歩いてるような奴に支持なんかあるのか。

 

おかしいのは、下の人間が泣きつくならともかく、上の人間が下にやられて泣きつくとかさ。

 

 

ほんと恥ずかしいよ。

 

そんな人間には絶対ならない。

 

 

 

はい、失礼しました。

 

 

 

そんな部分とは真逆にやっている人間。

 

それが、THE INOUE BROTHERS。

 

 

f:id:hynm_horike:20181025102651j:plain

 

もう付き合いは長いブランドになってる。

 

 

デンマーク生まれの日系二世。

 

にいちゃんは聡、弟は清史。兄の聡は同い年。

 

 

ブランドをスタートしてから、環境や不当な労働や、

 

倫理的な事を念頭において、

 

責任ある生産方法というか、

 

フェアトレードや、貧しい先住民たちに、テイク出来るように。

 

 

要は、めちゃくちゃ素晴らしい取り組みをしている兄弟が紡ぐブランド。

 

 

もちろん、俺は褒められた人間ではないが、この2人と会うと、ちゃんと考えようと思う。

 

 

 

前回の来日した時は、WISMの渋谷のスタッフ達と、一緒に飯食ったんだけど、

 

皆んなが好きになる。それは彼らの人間性の素晴らしさ。それ以外何もない。

 

 

長くなりました。

 

 

 

まずは、マフラー。

 

f:id:hynm_horike:20181025102453j:plain

 

マフラーは基本はしないけど、イノウエブラザーズのは別格。

 

柔らかく、チクチクしない。毎年買い足しているアイテム。

 

f:id:hynm_horike:20181025102608j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20181025102324j:plain

 

信頼の証のピスネーム。

 

 

f:id:hynm_horike:20181025102756j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181025102821j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181025102846j:plain

 

これも定番のサーマルっぽいコマンドニット。

 

宮とか何枚持ってるんだろ?てレベルのアイテム。

 

 

 

f:id:hynm_horike:20181025103007j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181025103029j:plain

 

これ、いいんすよ、めちゃくちゃ。

 

 

f:id:hynm_horike:20181025103116j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181025103137j:plain

 

イノブラの証明であるレザーパッチ。

 

今年のニットは、間違いなくコレにする。

 

 

f:id:hynm_horike:20181025103247j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181025103312j:plain

 

気持ちの良い兄弟が、心を込めて作っている。世界を良くするために、ブランドを立ち上げた。そんなブランドです。

 

 

渋谷、新宿、堀江で展開。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

まかり通る

どうも、堀家です。

 

 

今の状況という、流れに身を任せるのではなく、自分で流れを変える。

 

 

 

後は自分自身の受け皿、それがどれほどなのか。どれほど広げられるのか?

 

 

常に新しいことへの挑戦。それとは真逆の、日々の事。

 

 

 

これを来る日も来る日も、繰り返して、強さに変わる。

 

 

 

「またか」

 

そんな感じで、ずっとチャンスを逃してきた自分がいて、

 

届きそうで届かなくて。

 

ま、結局、自分がショボいんだけど。

 

 

 

 

だから、

 

開き直りの様にも聞こえるかもだけど、

 

そんなチャンス。掴む必要がない。

 

 

いつ来るか分からない、順番待ちや、椅子取りゲームのような、

 

 

会社や、誰か、何かが作り上げた、チャンス。

 

んなもんに、左右されるくらいなら、

 

 

やりたいようにやる。なりたい自分になる。

 

 

普通、通常、原則、一般的に。そんなもん、不必要。

 

 

 

良くするためのルールは理解出来るが、

 

 

ルールの為のルール。

 

それが基準。今の服屋は。

 

 

だったら、わざわざ拾いになどいかない。

 

 

この世界で、自分を、自身を

 

 

 

まかり通らせる。

 

 

それのほうが、よっぽど、スマート。

 

とか、

 

 

想ってます。

 

 

宜しくどうぞ。

 

 

今日はRab。

 

 

この辺が入ると冬が近づいてきた感じがする。

 

まずは、ものすごく進化したフリースのブルゾン。

 

 

 

 

f:id:hynm_horike:20181019210835j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181019210900j:plain

 

去年のも抜群だったんだけど、今年のは、さらに進化。

 

 

フリースってあったかいんだけど、風は通してしまう。だからアウターにはなかなかなりづらい。

 

 

今年のは内側にナイロンが貼ってあり、より暖かさや風を通しづらいデザインに。

 

 

f:id:hynm_horike:20181019210938j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181019210955j:plain

 

 

 

 

 

そして、ダウンのプルオーバータイプ。

 

f:id:hynm_horike:20181019211030j:plain

 

これ、見た感じ、すごく着づらそう。と、思う人多いかもですが、

 

まず、ハーフジップの長さが、かなり下までくる。

 

f:id:hynm_horike:20181019211134j:plain

 

そしてサイドに大きなスリット。

 

f:id:hynm_horike:20181019211214j:plain

 

 

厚すぎない絶妙なダウン量。

 

f:id:hynm_horike:20181019211331j:plain

 

すっと着てもらうのもありだけど、ちょっといい感じにレイヤードしてもらってもいいかも。

 

 

f:id:hynm_horike:20181019211430j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181019211312j:plain

 

クラッシックと今の融合。

 

今年はそんなアイテムが非常に心惹かれます。

 

 

そしてプライス。

 

 

フリースは¥23000-、ダウンプルオーバーは¥34000-

 

驚きです。

 

 で、明日は沢山入荷します。

 

COMOLI、C.E、UNUSED。

 

日曜はSAYHELLO。

 

 

楽しみにしててください。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

AIMEのワラビー

どうも、堀家です。

 

 

 

改めてのAIME LEON DORE。

 

f:id:hynm_horike:20181013141155j:plain

 

 

既に力説してくれてますが、

 

 

blog.baycrews.co.jp

 

 

最初に見たのは、去年の年明け。

 

 

見た目はワラビー。なのにアッパーはDUNK。

 

f:id:hynm_horike:20181013141234j:plain

 

その融合に完全にやられて、仕入れた。

 

クラークスの重鎮感と老舗な雰囲気が得意じゃない自分には、

 

新しい提案にすごく惹かれたのを憶えてる。

 

f:id:hynm_horike:20181013141254j:plain

 

 

その時はキャメルで、あっという間に顔が見える方たちに買ってもらい無くなってしまった。

 

 

で、どうやら、春夏には作らないらしく、満を持しての秋冬。

 

 

以前完売したときに、スタッフたちが買えなかったこともあり、めちゃくちゃ文句を言われたこともあり。。。。。

 

 

足りない、サイズがない。とかね。笑

 

 

 

なので、今回はサイズもレンジを広げての展開にしました。

 

 

f:id:hynm_horike:20181013141327j:plain

 

調べると、おそらくなんだけど、パドモアと同じ工場。かも。

 

 

シーズン的にも同じものを作らないAIME

 

 

次はいつになるかわからないので是非。

 

おそらく日本でWISMだけだと思うので。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

GOOD MEASURE

どうも、堀家です。

 

 

タバコを買おうと、コンビニへ。

 

 

いつものコンビニになんだけど、

 

初めてみる女性の方。

 

 

タイとか、そちら側の方だと思う。

 

 

 

アメリカン スピリットの黄色を、くだ…」

 

 

くらいで、 

 

 

 

ものすごくデカい声で、 

 

 

「きいろ〜〜〜。」

 

 

かぶせ気味に。

 

 

俺が黄色と発して、0.5秒後くらいに、

 

 

きいろ〜〜。

 

 

 

 

うお!すげー。と、ビックリして、

 

 

名札みたら、

 

 

名前のところに、

 

 

 

すいか。って書いてあった。

 

 

それで、アメリカンスピリットは、7種類くらいあって、

 

濃い黄色と薄い黄色があるんだけど、

 

濃い方を指さして「きいろ??」て聞いて、自分は違うと首を振り、

 

薄い方をさして「きいろ??」て、言うから、自分は首を縦に振る。

 

 

なのに、もう一回、濃い黄色指さして、「きいろ???」って聞く。

 

 

 

嘘くせえと思ったあなた。

 

 

行ってみてください。キャットストリート入口の、

 

 

緑と白の看板のコンビニに。

 

 

 

「レシート、いらないです。」

 

 

て、言ったら、

 

 

「うん!!!」

 

 

との事。

 

 

すいかさん!!大ファン!! 

 

今日のご紹介は、GOOD MEASURE。

 

 

f:id:hynm_horike:20181011194522j:plain

 

 

フロム、イングランド

 

 

ロンドンで歩いて展示会に向かっていた時。

 

 

ちょっと雰囲気の良い店(服屋)で、偶然見かけたおじさん。

 

 

レザーブルゾンに、グレーのスウェット、オーバーオール、革靴。

 

シンプルで普通なんだけど、なんかオシャレな感じ。

 

 

ただ、あんまり興味があるテイストでは無かったので、軽く会釈で終了。

 

 

 

そして展示会に着き、ちょっと見ていたら、

 

 

そのオシャレなおじさんが、そのブランドのところにいた。

 

ただ、やっぱりテイスト的には、若干クラッシック。イギリスからみたアメカジ的な。

 

 

そんな時にオーバーオールの中に着ていたスウェットを見せてもらった。

 

 

Tシャツは、キュンキュンに小さく、ジャストサイズだったんだけど、

 

スウェットのシルエットはややオーバーサイズで、ふんわりしていて、

 

 

話をしたら、生地から染め、縫製まで、全てをイギリスのマンチェスターで行い、

 

 

独特な雰囲気。しっかりした生地で、

 

凄く惹かれた。これを更にWISM仕様に変えてもらい、今回入荷したのが、これ。

 

f:id:hynm_horike:20181011194637j:plain

 

色もあえて王道ではなく、WISMっぽいカラーに。

 

 

f:id:hynm_horike:20181011194657j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181011194709j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181011203210j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20181011203229j:plain

クラッシックとWISMの融合。

 

まさにそんな感じです。

 

 

f:id:hynm_horike:20181011194744j:plain

 

蜂はマンチェスターの町を象徴するらしいです。

 

 

 

 

 

そして明日は、お待たせしました、AIME LEON DOREの秋冬第一弾。

 

 

ロンTと定番のフーデット、カラーブロックされたクルースウェット(超欲しい)と、前回あっという間に完売した、見た目クラークスとNIKEのDUNKで、履き心地めちゃくちゃ良いワラビーが入荷します。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

 

 

 

復活のFRESH JIVE

どうも、堀家です。

 

 

復活したんです。FRESH JIVEが。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162632j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006215214j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215233j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215248j:plain

 

という俺も、昔、FRESH JIVEを追いかけてたわけでも、着ていたわけでもない。

 

 

 

 

1989年にスタートし、その中心人物であったリック。

 

 

なんか色々嫌になり、2000年初頭にブランドを離れるが、

 

この度返り咲き。

 

 

彼が元々オリジネイターでやっていた頃の、いかしたグラフィックのものや、

 

年を重ねた分、そぎ落とされ、洗練されたものは、

 

全くFRSH JIVEを通ってなかった自分でも、単純にかっこいいと思えた。

 

 

以前のブログのように、サーフ、スケート、パンク。みたいな、

 

NOON GOONSとかと同じような、オマージュのような、

 

 

そういうブランドが、気になってて、NOON同様、その代表格なブランド。

 

 

過去の事も知らない自分が、単純にかっこいいと思える、

 

それが服が放つパワーだと思う。

 

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162654j:plain

 

このスウェット。本当に抜群。

 

肩も落ちてて、丸みのあるシルエット。自分、青にします。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162803j:plain

 

シャツなんだけど、

 

 

f:id:hynm_horike:20181006162841j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006162859j:plain

 

ブルゾンのカタチ。これは昔にはなかったデザイン。最高す。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006163001j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163014j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163039j:plain

 

ベロア。

 

 

f:id:hynm_horike:20181006163108j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163125j:plain

 

 

そして、こちらも激推しのブルゾン。

 

f:id:hynm_horike:20181006163222j:plain

 

f:id:hynm_horike:20181006163238j:plain

 

まさに王道のダック地と襟の配色。

 

f:id:hynm_horike:20181006215315j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215328j:plain

f:id:hynm_horike:20181006215345j:plain

こういうのが、軽く見えないのが、歴史だったり、背景にカルチャーがある。って事なんすよね。

 

 

 

 

本日より、渋谷、新宿、堀江。各店で販売開始します。

 

 

是非店頭で

失礼します。