会話が生まれるdoublet

どうも、堀家です。

 

 

オンタイムになり、そろそろ自分のも、解放しようか?と思っているのが

f:id:hynm_horike:20190514222130j:plain


doubletのハンガーアロハシャツ。

 

 

今シーズン、圧縮シリーズが目立っていますが、

 

 

自分は、アロハシャツを買った。

 

f:id:hynm_horike:20190514221524j:plain


見た目は、ビニールにハンガーが掛かっているだけ。

 

倉庫の人が「商品が無くてハンガーだけが入荷してます!!」

 

と、若干焦って電話してきた。笑

f:id:hynm_horike:20190514222210j:plain


ハンガー型のカタチにシャツを圧縮。圧力でプレスをかける事で固定。

 

そして、水に付けると固形化されている生地が水分を吸収し、手でほぐすとシャツになる。と、

 

なんとも手間がかかる。。。

 

www.instagram.com

 

 

そこを楽しみ、着るまでの工程をドキドキしてもらいたい!との事。

 

買ったその日に着れない。という新しい試み。

 

手間です!!!

 

 

ただ、その手間をしてでも、自分が欲しいと思ったのは、

f:id:hynm_horike:20190514222249j:plain


ボタンじゃなくて、ベルクロなんです。

 

ボタンを圧縮してしまうと、割れてしまうので、ボタンではなくベルクロ。

 

そしてボタンがあるような刺繍をしている。

f:id:hynm_horike:20190514222437j:plain

 

f:id:hynm_horike:20190514222455j:plain

 

f:id:hynm_horike:20190514222514j:plain


そして、大きな大差は無いにしても、個々で色の出かたが微妙に違い、

 

スペシャルですな。

 

当然ながら、洋服として完成していて、かっこいい。

洗えるし、今時期からようやく活躍してくるんじゃないかな。

f:id:hynm_horike:20190514222342j:plain

 

迷いに迷って、グリーンに。

 

 

 

ある意味、井野さんらしさがあって、

 

もはや気が利いてるのか、利いてないのかわからない。

 

いや、利いてはいないか。

 

 

でも、井野さんとも話をするんだけど、かっこいいのは大前提でありながら、

 

そこに楽しさだったり、ポジティブになれたり、人と会話が生まれたり。

 

 

「これ、ボタンじゃなくてベルクロなんだよね!」

「え~、本当に?」とか。

 

前回の別注のポケベルも、液晶が光ったりなんだりで、人との会話が生まれる。

 

 

WISMとの別注も世界中の人たちが理解できて、会話が生まれる洋服。てのを、ポイントにしている。

 

思ってても、考えてても、声に出して行動しなきゃ、誰にも何にも伝わらない。

 

だから、会話が生まれる服って、すげーんす。

 

 

 

 

そんな事を意識しているブランド、他にはない。と、思ってる。

 

 

ですので、皆様、宜しくお願いします。

 

 

是非店頭で

失礼します。

粗くない仕事、BLACK EYE PATCH

どうも、堀家です。

 

先日、夜中にやっていた映画。

 

www.youtube.com

 

 

 

ありがちな展開。ではあるんだけど、釘付けでした。

 

 

噛まれて感染、増殖、パニック。なんですが、

スケールと感染した側の圧倒的な人数と、主人公の成長。

 

そして、親子愛。

 

韓国映画、なかなかです。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

観終わった後の空しさ、落ちる感じしかないけど、

この2つもおすすめです。女性には難しいすね。

 

 

 

話を戻します。

 

しかし、

 

日本のタイトルが、新感染ファイナルエクスプレス。。。

 

ま、列車なので、新幹線とかけたんでしょうが。

 

雑だね。元々のタイトル全然違うし、途端にコメディ感が強く感じる。

 

仕事が粗い。

 

 

 

さてさて、こちらは仕事が粗くないブランド。BLACK EYE PATCH。

 

 

WISMでは新宿のみの展開。

 

これがまた、いいんです。

 

 

まずは、個人的におすすめな半袖のデニムシャツ。

 

f:id:hynm_horike:20190513192516j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20190513192537j:plain

 

ブランドロゴの刺繍に被せて.com。

 

ボタンダウンなのもツボです。

 

f:id:hynm_horike:20190513192558j:plain

 

 

 

f:id:hynm_horike:20190513192749j:plain

 

f:id:hynm_horike:20190513192810j:plain

 

 

 

そして、ブラック アイ パッチといえば、

 

f:id:hynm_horike:20190513192617j:plain

 

取扱注意。なんだけど、これは、リアルによれた感じのプリント。

 

 

f:id:hynm_horike:20190513192639j:plain

 

既にサイズもかけてるので、我こそは!な人は急いでくだち。

 

f:id:hynm_horike:20190513192702j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20190513192720j:plain

 

上から見た街並み。ホークアイってやつ。

もちろん、シルエットはゆったり。

 

で、鉄板なサンダル。

 

f:id:hynm_horike:20190513192858j:plain

 

そしてベルト。

 

f:id:hynm_horike:20190513192913j:plain

 

夏の準備にいかがでしょうか?

 

今週も色々あります。

 

その辺はまた追って。

 

 

世界的にも注目され始めているBLACK EYE PATCH。

 

宜しくお願い致します。

 

 

是非店頭で

失礼します。

 

毎日着ているUNUSEDのカットソー

どうも、堀家です。

 

 

なんか夏っぽくなってきたすね。

 

半袖はまだ早いけど、長袖はちょっと暑い。みたいな感じでしょうか。

 

 

そんな今のタイミングで買ってから毎日着ているのが、

 

UNUSEDのボーダーのカットソー。

 

f:id:hynm_horike:20190510125645j:plain

 

 

黒の長袖にしましたが、正直、赤も欲しいくらい、調子良い。

 

f:id:hynm_horike:20190510125805j:plain

 

半袖もあり。

 

 

パッと見は、結構シンプルに見えますが、

 

 

 

まず、素材。

コットンカシミアで、とにかく着心地が良い。

 

そして白タグなので、洗えます。ガシガシいけます。

 

f:id:hynm_horike:20190510125845j:plain

 

背中にはボーダー柄をずらしたデザインになってて、後ろから見ても抜かりなし。

 

 

f:id:hynm_horike:20190510125901j:plain

 

裾もスリット有。

 

 

f:id:hynm_horike:20190510125919j:plain

 

ボーダー柄も、ピッチが細いので、やや大人な感じです。

 

 

今時期は、コモリシャツのインナーに使って、シャツとボーダーを一緒にまくると、

 

f:id:hynm_horike:20190510130833j:plain


(いきなり自撮り)


良いアクセントにもなる。




 ダブレットのダック地のショーツにも、ばっちり。 

(写真無し)




 

f:id:hynm_horike:20190510130025j:plain 

 

最初着た時は、やや身幅が細い気がしたんだけど、着ると馴染みます。

 

普段UNUSEDのサイズ4だけど、これは3にして、

 

今、絶好調のサイズ感になった。



タイトではなく、ジャスト目のサイズを選んでもらえたら、着てるとワンサイズ上がる。くらいなイメージですな。

 

 

Tシャツは小倉が着てて、最高す!!との事。

 

 

袖通してもらえたら、嬉しいすね。

 

 

 

UNUSEDらしさはもちろんだけど、進化し続ける、カットソー。

 

毎回シビれる内容。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

是非店頭で

失礼します。

アフリカンなLABRUM

どうも、堀家です。

 

 

今回はロンドンからのブランド。LABRUM。

 

 

f:id:hynm_horike:20190508104326j:plain

 

出会いは突然。な、感じで、

 

パリでは、あんまり日本人が行かないようなエリア、

 

吉祥寺?くらいなエリアで、ちょっと移民が多めの地区。

 

 

本当にこんなところで展示会やってんのかな?て思うほどで、

 

リカーショップとランドリーの間に、やや小ぶりな建物が住所。

 

 

入ると、ちょっと暗めな部屋で、3ブランドが合同で展示会をしてた。

 

しかも、いる人が全員黒人。昼間なのにやや暗め、キャンドル焚いてる。。。

 

 

うーん、間違ったところ来ちゃったな。。。てな、感じ。

 

 

元々はLABRUMではないブランドにコンタクトを取っていたんだけど、

 

その空気に、若干圧倒され、パパッと見て帰ろう。と思ってた。

 

元々、気になっていたブランドを観て、ちょっと違う。

もう一つのブランド観て、全然違う。

 

で、最後に見たのがLABRUMだった。

 

 

殆ど黒い服が多かった中で、ちょっと異質な感じで、そのアイテムがあった。

 

f:id:hynm_horike:20190508104957j:plain


 

ちょっと見ていると、控えめなデザイナーが話しかけてきた。

 

ブランド自体はロンドンで、色は黒いがイギリス人のデザイナー。

 

 

 

彼のおじいちゃんがアフリカ人で、小さいころから生活にも、着るものにも、アフリカンバティックが身近にあったよう。

 

洋服のコレクションとしては、普通なものもあるんだけど、一番引っかかったのが、この半袖シャツ。

 

f:id:hynm_horike:20190508105018j:plain


 

アフリカの中でも西側に位置する、民族柄からインスピレーションを受け、

 

その特徴がCircular formsという円形に編み、柄にしていく手法。

 

その柄をプリントで表現し、オリジナルのコットンシルクで仕上げたアイテム。

 

 

そでを通してみると、半袖シャツではあるけど、コーチジャケットのような雰囲気もあり、丸みがちょっとあるんだけど、上品。

 

これは、衝撃走ったすね。

 

しかも、黒とかではなく、ブルーとグリーンの2色のみ。潔さも良かった。

 

自分のルーツは大事にしたいから、黒とかではなく、本当にある柄を再現したかった。と、静かにしゃべるデザイナーに、芯の強さを感じた。

 

オーダー、この1型だけでもいい?と聞くと、こくり。うなずいた。

 

 

話を聞くと、元々はNIKEのデザイナーで、(全然違う!)

 

ACGリバイバルの立ち上げや、GYAKUSOUのデザインをメインにしていた彼。

 

 

趣味はマラソンらしく(結構な巨体)世界中の有名なマラソンにもNIKE枠でエントリーしていたらしく、東京マラソンにも2回出場している。

 

その辺もめちゃくちゃな感じが凄く良かった。

 

ある意味、ルーツを反映するのって、重かったり、簡単に手を出せない印象すら受けてしまいけど、このシャツ、しゃしゃっと着れるけど、かっこよし。

 

 

f:id:hynm_horike:20190508104613j:plain

 

 

f:id:hynm_horike:20190508104628j:plain

 

自分は青ベースにしました。

 

 

f:id:hynm_horike:20190508104413j:plain


f:id:hynm_horike:20190508111440j:plain

 

ブラジルがルーツの二宮は、こちらに。

 


 

当然ですが日本ではWISMのみ。半袖の季節にいかがでしょうか?非常にオススメです。


 

 

WISM、3店舗で展開。


 

宜しくお願い致します。

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

是非店頭で

失礼します。

WISM×DUNNO

どうも、堀家です。


始まってますねー。10連休。


この洋服の仕事をして、初めて、まとまった連休をもらってます。



なんか連休前とか、すげー仕事詰め込んで、休みは何しよう、ゆっくりしながら、映画観ようとか、色々考えてたんだけど、



実際に始まると、1日2日くらいしたら、



ちょっと。。。ヒマなんすよね。苦笑


疲れてるから休もう。とか、思うんだけど、



なんか、ヒマなのが、ダメみたいで。



結局、お店に行こう!て、なっちゃうすね。



なので、明日から復帰します。



渋谷、新宿に、神出鬼没します。



さて、表題の件。



前回の別注も大好評でしたが、



今回もWELCOME TO REIWorld。


新世界ですよ。様々なものが、変化していく中で、


服を着る喜び、人に素敵と思ってもらえる楽しさ、誰かを好きになった笑顔とか、


そーいう当たり前のことや感情は、これからも持ち続けたい。


堕ちていく世界かもだけど、


何かに出会えた喜び。は、今も昔も変わらず、感動していきたい。


そんな感じすね。話逸れた。



カエル、ペンギンと続いた動物シリーズのラストは、



f:id:hynm_horike:20190428223132j:plain


イカです。


f:id:hynm_horike:20190428223205j:plain


また、ポップさと、よく分からない感じがミックスされてて、


いい雰囲気なんです。



そして、


f:id:hynm_horike:20190428223845j:plain


f:id:hynm_horike:20190428223906j:plain



こちらは、対極的に、モノトーンでシャープ。



f:id:hynm_horike:20190428224123j:plain


バックも背中の真ん中に、シュッと。



今回は、両極端なグラフィックをやろう。とスタートした企画。



DUNNOのポップさとWISMの制御不能が、


ミックスされてると思う。



取り急ぎ、イカの黒を買います。



そして、大反響です。


WILLY CHAVAWISM。


f:id:hynm_horike:20190428224605j:plain


f:id:hynm_horike:20190428224621j:plain


前回買えなかったギンガムの黒と、トリコロールは早速ヘビロテ。ストライプはネイビー。


f:id:hynm_horike:20190428224723j:plain


今回はリブ付きになり、相変わらずの仕上がり。


f:id:hynm_horike:20190428224825j:plain


安定の白黒もいいけど、エメラルドも超絶に良い色。


とにかく、平成最後の買い物、令和最初の買い物は、WISMだね。


宜しくお願いします。



是非店頭で

失礼します。

令和ールドの今週は、満を持しての、

どうも、堀家です。



始まるすね。GW。



終わるすね。平成。



ま、個人的には何にも変わらないんだけど、



その辺の変わり目は、WISMとしては、何かを打ち出すには、大好物なタイミング。



既に、Welcome to REIWorld。


と、名目で、doubletやら、UDAやら、ありまして、


沢山の方々に見てもらい、スタッフ一同、喜んでおります。が、



忘れちゃいけないブランド。


それが、WILLY CHVARRIAとの取り組み、WILLY CHAVAWISM。



明日からの発売。



先日、STABILIZER GNZのヤザネさんと話していて、



「薄っぺらい、つまみ方ではなく、リアルなチカーノのスタイルをコレクションブランドに落とし込んだのは、WILLYがオリジナルなんじゃない?」


なんか、そんな事を、しばらく意識してなかったから、凄くハッとした。


人間的にも距離感も近かったので、あまりそういう事を意識する事を忘れていた気がします。


そうなんです。凄いんです。WILLYさん。笑


いかつくて、苦労人で、優しくて、

俺のワガママ聞いてくれる、素敵な人なんです。



そんなWILLYから届いた、

Welcome to REIWorldなアイテムは、



前回大好評だった、WILLYのBIG DRESS SHIRTのギンガムチェック


f:id:hynm_horike:20190426182104j:plain


f:id:hynm_horike:20190426182123j:plain


f:id:hynm_horike:20190426182038j:plain




こちらが再び登場。


全人類、誰がきてもルーズに着用できるボタンダウンシャツで、ペルーの硬水を通した上質なコットン。

トップボタンをわざと低目にし、1番上のボタンを留めても苦しくない。


ただ大きいわけじゃなく、背中のアクションプリーツやパターン、計算されたシルエット、設計になってる。SとMの2サイズで、イメージはSがXL、MがXXLくらい。



まだ、少しだけですが、ストライプもあります。


f:id:hynm_horike:20190426181818j:plain


f:id:hynm_horike:20190426181839j:plain



これね、WILLYさんが、「ギンガムチェックは甘くなるんじゃないか?

タフで美しいのに、そこに甘さが加わるのは、どうなのか?」

と、押し問答したシャツ。



結果は完売!満を持しての再登場。



そして、これが、新しいカラー。




f:id:hynm_horike:20190426182230j:plain


WILLYのシャツで、ギンガム、トリコロール。


こんなの、絶対彼1人じゃ作らないはず。


最高す。


かなりオススメです。




そして、いつものバッファローも入荷。


f:id:hynm_horike:20190426182807j:plain


f:id:hynm_horike:20190426182823j:plain


これも背中の大きなプリーツが特徴で、

シャツ同様、ペルーの硬水にもまれていて、

とても、日本の生地では現せない、ソリッドで艶のある生地。



f:id:hynm_horike:20190426182838j:plain

いつもの定番の白と黒に、



今年はエメラルドグリーン。

f:id:hynm_horike:20190426182901j:plainf:id:hynm_horike:20190426182915j:plain





これもインラインでは絶対作らないカラー。



インラインは¥23000-なので、大分、お得かと。




明日の朝からです。



楽しく平成を終わりましょう!!


いやいや、まてまて。


まだまだ、入荷しますので、


この続きは、もちろん、


トランキーロ。あっせんなよ。



まず明日からのGW。


元気にお待ちしております。



是非店頭で

失礼します。


脱クラシック インディビの別注

どうも、堀家です。

 

 

意外!!との声も多いINDIVISUALIZED SHIRTの別注。

 


f:id:hynm_horike:20190422194017j:plain

 

じつは去年も好評頂いてたんですが、

 

今年も装いを変えて、新たに入荷。



 

 

クラッシックなブランドイメージを壊したくて、

 

前回同様、機会に入れれる、限界値の身幅にし、

 

オープンカラー。


豊川悦司風に。



 

f:id:hynm_horike:20190422194043j:plain



Mサイズだけど、着丈はL、身幅はXL。

 

シャツとガウンの真ん中ぐらいなイメージ。



しかも、シャンブレー。



 

INDIVISUALIZEDの工場が、

 

あまりにも既成概念が無いシャツなので、作りたくない!!と根を上げているらしい。

 

f:id:hynm_horike:20190422194212j:plain



f:id:hynm_horike:20190422194230j:plain


アイロンとか必要ないほど、洗いをかけてもらったので、このまま着てもらいたいす。


f:id:hynm_horike:20190422194409j:plain


f:id:hynm_horike:20190422194432j:plain

 


f:id:hynm_horike:20190422194553j:plain



クラッシックなシャツを、ここまで軽やかに別注する店は、他には無いだろう。




ただ、今回でこのカタチはこれで最後かも。。。受けてくれないみたいなので。

 


酔ってビンタして、覚えてないくらい、嫌みたいです。工場が。



WISM流のインディビのシャツ。



是非袖を通してもらいたいです。



今週もGWに向けて、


令和に向けて、爆走。て、事で。


 

是非店頭で

失礼します。