読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王道 STABILIZER GNZ

どうも、堀家です。

 

 

知らない人達も多いと思いますが、自分が小さい頃、プロレスは大きく分けて、全日本と新日本に分かれてました。

 

 

新日本は皆さんご存知のアントニオ猪木。全日本はジャイアント馬場

 

 

新日本は新しい事を常に取り入れ、異種も取り入れて、エンターテイメント性も強く、華やか。

 

長州、武藤、蝶野、橋本の闘魂三銃士に、佐々木、馳。スター揃い。

 

 

一方、全日本は、閉鎖的で、ほぼ毎日と言っていい程、同じ顔ぶれで、とにかくひたすらに目の前の相手を倒す。

 

地味で、ショー的な要素は弱いが、レスラーとして、屈強。

 

三沢、川田、田上、小橋の四天王に、ゴディやウイリアムズ。ジョニーエース、若手の秋山。

 

 

多分、凄くレスラー同士、仲良かったと思うんだ。バスの移動もメンツも常に一緒で。パーキングエリアでラーメン食ったり。

 

 

でも試合はゴリゴリ。

 

 

新日本の試合が10〜15分に対して、全日本は30分。長いのは60分以上。

 

でも飽きないんだよね。強さと凄みを感じるから。

 

ファンも新日本派と全日本派ってあって、自分は新日本の方が好きだったけど、全日本も毎週見てた。

 

エンターテイメントと、研ぎ澄まされた強さ。

 

 

 

今日紹介する、STABILIZER GNZは、がっつり全日本気質。

 

 

だからこそ、強さや凄み、美しさが融合するデニムになるんだよね。

 

孤高でタフで力強い、でも繊細で優しくて、美しい。

 

 

 

言葉じゃ伝わらないんだけど、

 

WISMのパンツの定番であり、核。

 

 

 

 

 

頑張ってます。
努力してます。
愛して下さい。
 
 
 
そんなもんじゃねぇだろ。
 
 
 
背中と姿勢で語るんだ。
 
 
振り向いてもらう。気にしてください。みたいな生き方してない。
 
 
 
矢實さんも俺も。
 
 
だから、こんだけのデニムが生まれるって思ってる。
 
 
WISMは新日本、STABILIZERは全日本。
 
違うモノどおしの化学反応。
 
 
その融合が、WISMオリジナルデニムのW-01だった。
 
 
そりゃ、滾る。
 
 
 

 

まずは、0-03と、0-12。そして0-22。

f:id:hynm_horike:20150315214243j:plain

 

 

市之瀬さんは、この一年、0-12しか穿いてないな。

 

そして待望の新型。0-11。

 

パーマネントプレス加工のジーンズ

タテ糸はポリエステルもしっかりインディゴに染まるよう、芯までインディゴに染まってる。 
 
センタープレスはパーマネントプレス加工で、スラックス畳みで保存し続ければ半永久的にセンタープレスが消えない加工をしていて、洗いをかけてもセンタープレスがなくなることはない。

 

f:id:hynm_horike:20150315214624j:plain

 

f:id:hynm_horike:20150315214650j:plain

 

ジャストで穿いて30インチ。

 

シルエットも素晴らしいけど、今までのスタビライザーにはない穿き心地。

 

f:id:hynm_horike:20150315214804j:plain

 

2インチアップの32インチ。

今は、この感じが気分。

 

新しいこのデニムも、是非穿いてみてほしいです。

 

 

W-01はインディゴはあるけど、黒は完売してる。4月半ばから後半の入荷予定。

 

 
全てのデニムから感じられるが、穿いた瞬間、
 
シルエットの美しさ、伝えたいパワー、愚直な程の姿勢。
 
 
色んな何かを感じられる、デニム。
 
 

そんなデニムはどこ探してもないと感じている。

 

 

是非店頭で

失礼します。