読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WILLY CHAVARRIA

どうも、堀家です。

 

 

今朝、動物病院から携帯に電話があった。

 

 

ワンちゃんがいる人はわかると思うけど、

 

 

この時期は、狂犬病の注射や、ワクチン、

 

後は、フィラリアの感染検査があり、

 

 

飛ぶようにお金が消えていく。

 

 

フィラリアは、蚊に刺されるとなってしまうもので、

 

感染してしまうと、治らず、亡くなってしまう、犬にとっては恐ろしい病気。

 

外に出てる訳でもなく、散歩の時は虫除けスプレーもしてるんだけど、

 

毎年この検査の結果は、ドキドキしてしまう。

 

 

 

先日、フィラリア検査を行い、それの結果の電話だった。

 

 

 

先生「こちら、○○動物病院ですが、堀家さまでしょうか?」

 

堀家「はい、そうです。」

 

 

先生「龍ちゃんのフィラリア検査の結果が出ましたので、電話させて頂きました。」

 

 

堀家「…。はい。」(龍ちゃんは俺で、名前は桃太郎だけど、結果が気になってるから、いいや。)

 

 

 

 

 

先生「龍ちゃんは、フィラリアには感染してないですので、安心して下さい!

内臓等の数値も正常で、龍ちゃんとっても元気です。」

 

 

堀家「ホントっすか!良かった!」

 

先生「なので、先日お渡ししたフィラリアの薬を5月から、龍ちゃんの首に…」

 

堀家「先生!龍ちゃんではなく、桃太郎です。先日、先生もモモちゃん、モモちゃん言ってたじゃないですか!」

 

先生「ああっ!そうですよね!モモちゃんでしたね!龍ちゃんはご主人でしたね!」

 

 

平和な1日の幕開けでした。

 

 

このブログをあげて、家に帰ったら、桃太郎を褒めてあげようと思ってます。

 

 

さて、今日の紹介は、WILLY CHAVARRIA(ウィリー チャバリア)

 

最高にいかしたNYブランドです。

 

 

今回はTシャツのみの入荷なんだけど、また色々入ってくるので、その時に。

 

とにかくクールなTシャツです。

 

 

f:id:hynm_horike:20160425214808j:plain

 

凄く分かりづらいんだけど、ネックのリブにバインダーが2重になってる。

 

今この仕様は、ほとんど使われない仕様で、デザイナーのWilly曰く、

 

自分がTシャツを作る時は、どうしても2重のネックバインダーにしたかったらしい。

小さい事で、あまり意味はないものだけど、これがあるだけで最高にクールなんだ。

 

その縫製や要望が、NYでは難しく、出来る工場を捜し、見つけたのが日本の工場だったとのこと。

 

 

糸からオリジナルで作成し、完成させた生地は、柔らかさと強さ、タフさが見事に融合されてる。

 

f:id:hynm_horike:20160425215520j:plain

 

f:id:hynm_horike:20160425215535j:plain

 

ポケットのタイプ。

 

 

f:id:hynm_horike:20160425215606j:plain

 

プレーンなタイプ。と思いきや、

 

f:id:hynm_horike:20160425215635j:plain

 

袖口が折り返しているディテール。

 

これは、若い頃のマーロンブランドをイメージしたらしい。

 

 

コレクション全体は、チカーノと呼ばれる不良やマフィアっぽく、

 

一つ間違えたら、ださくなるんだけど、こいつのは違う。

 

一つ一つのアイテム完成度が、恐ろしいほど高く、計算して苦悩して、

 

作り上げられた結晶になっています。

 

 

とにかくヤバイブランドです。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

そして、明日はこれまたやばいLAのブランドが入荷します。

こちらもお楽しみに。

 

f:id:hynm_horike:20160425221200j:plain

 

是非店頭で

失礼します。