読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2つの個性があって、


いつも激しくぶつかり合って、


理解し合って。盛り立て、盛り上げて。




その個性が光に変わり、


その光を活かすために、時に片方は影になり、


片方の光を圧倒的に光らせたり、鮮明に輝かせたり。



その逆もあったり。





それが、あったからこそ、今がある。







沢山の事を学び、沢山の愛をもらった。



まだ何も返せてねえのに、





俺の力が足りなかった。と。





違うだろ。


チカラが足らなかったのは、俺のほうだ。





かっこつけんじゃねえ。



涙がとまらねえよ。





クソほどお世話になった、この借り、




必ず、返します。




四年前、この場所を制しながら、埋まらなかった差、


三年前、吹かなかった風、


二年前、立つことを許されなかったメインの舞台。





だからこそ、



また、近いうちに。



絶対。





ありがとうございます。



堀家龍