読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経験としてのS.E.H KELLY

どうも、堀家です。

 

 

展示会で見た時から、本当に楽しみにしていたアイテムが入荷。

f:id:hynm_horike:20170215212226j:plain

 

 S.E.H KELLY。

 

 

イメージ的に、どうしてもきっちりしている。

 

かっちりしている。モノ寄りだ。みたいなのが、WISMの中では強いんだけど、

 

 

これは、個人的にもすごく気になった、気に入ったアイテム。

f:id:hynm_horike:20170215212301j:plain

 

 

新型のシャツ。

 

 

まずは色。男らしい色なんだけど、洗礼された、何とも言えない色。

 

 

大きめのポケットが、普通なら甘くなりそうなのを、かっこいいに昇格させているのは、

 

 

やっぱりシルエットだったり、彼らが作る世界観だったりする。

 

 

もちろん、完全防水ではないけど、強い打ち込みの生地は多少の雨なら問題なし。

 

 

機能としても、服としても、パーフェクトに近いアイテム。

 

f:id:hynm_horike:20170215212348j:plain

 

 今年の春夏はシャツはこれで行くって決めていた。

 

f:id:hynm_horike:20170215212429j:plain

 

 

ネイビーももちろん。やばいっす。

 

 

そして、コート。

f:id:hynm_horike:20170215212501j:plain

 

 

ブリティシュベンタイルの極みの薄さで作られたコート。

 

 

いつもの重みのあるベンタイルももちろん好きなんだけど、

 

これはまた新しいファブリック。

 

 

もうセットインスリーブとか、ラグランだとか、そういうのではなく、

 

このブランドのキャリアが、集約されているアイテムだと思う。

 

 

とにかく、見てほしいです。

 

 

是非店頭で

失礼します。