WILLと思える取組、WILLY CHAVAWISM

どうも、堀家です。

 

 

CAGUMA JACKETに続き、WILLY CHAVAWISMの春夏が入荷しました。

 

 

まずはメインアイテムのシャツ。

 

これはWILLYの工場であるペルーで生産した生地を使用。

 

f:id:hynm_horike:20180404131908j:plain

 

今回話し合った一つのお題。

 

 

自分の考えたお題は、

 

全人類、誰が着てもルーズに着れるシャツ。

 

 

例の如く、WILLY先輩と自分の意見がなかなかマッチせず。

 

毎度のことの、

 

フィジカル祭り。(パクり)

 

 

 

f:id:hynm_horike:20180404131934j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180404132026j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180404132040j:plain

 

 

ただでかい訳じゃなく、シルエットや落ち感、何度もテストし、

 

ようやく仕上がったころには、あまりにも大きいサイズだったため、

 

まさかの生地が無くなってしまい、今回は極少ない入荷になってしまった。

 

 なので、早目のご来店を、

 

 

 

 

お察し下さい。(パクり)

 

 

特に自分が気に入っているポイントは、ボタンダウンとトップボタンの距離。

f:id:hynm_horike:20180404131959j:plain

 

 

ボタンを上まで留めた時、トップと2個目のボタン、襟のボタンが、綺麗にひし形になるように調整し、

 

留めた時のかっこよさと、あえて生まれる違和感が、一番のポイント。

 

もちろんシルエットはWILLY特有のルーズながらも、背中のパターンで調整している。

 

 

これはね、やばいす。本当に。

 

是非店頭にて、実物を、

 

 

あなたのお目々で見てほしい(パクり)

 

 

 

そして、夏のユニフォームになるであろう、バッファローTシャツ。

 

 

f:id:hynm_horike:20180404132113j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180404132127j:plain

 

 

こちらもWILLYのペルーの工場で作成。

 

ドレープや落ち感あるのに、透けないし、ガンガン洗っても表情が変わらない。

 

 

大きなタックで、動きやすく、タフさと着やすさを追求したアイテム。

 

ややリブを高くしたことで、またイカした感じが倍増。

 

 

これはもう、

 

 

マンチーニになりたいボーイじゃないでしょうか?(パクり)

 

f:id:hynm_horike:20180404132155j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180404132213j:plain

 

f:id:hynm_horike:20180404132230j:plain

 

とりあえず、白とロイヤルは先に。夏前には全色揃えます。

 

 

 

 

そして最後はショーツ。

 

 

 

バスパンベースのタック入りショーツ。

 

 

f:id:hynm_horike:20180404132304j:plain

 

 

これは、名前は出せないが、某アメリカ老舗ブランドの、テキサスの工場に眠っていた生地を輸入し、

 

日本で生産。

 

 

クラッシックな生地や佇まいなのに、デザインは革新的。

 

 

f:id:hynm_horike:20180404132417j:plain

 

男らしさ全開に、オシャレ小さじ2杯。(パクり) 

 

 

この夏のボトムはこれじゃないでしょうか?というか、これです。

 

 

というくらい、完璧に仕上がったWILLY CHAVAWISM。

 

 

インラインは来週入荷しますので、もう少々お待ちください。

 

インラインもすこぶるカッコよく、

 

見ただけで、オソソしそう(パクり)

 

 

 

 

とにかく、一度袖を通してもらいたい。

 

 

そんなアイテムに仕上がりました。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

明日はAIME LEON DOREが入ったり、明後日はCOMOLIが入ったり。

 

今週はまさに、

 

マリオカート状態(これはパクりじゃない)

 

各店から、色々情報発信されます。

 

 

 

是非店頭で

失礼します。